鎌倉市山ノ内に鎮座する建長寺は、鎌倉五山第一位の禅寺として大変有名です。
 

鎌倉時代に建立された建長寺は、中国による影響を強く受けています。どの建造物もスケールが大きく、まるで昔の時代にタイムスリップしたかのようです。建長寺は鎌倉の桜の名所でも知られているので、特に春の時期はぜひ一度参拝してみてみましょう!

目次

  • 建長寺の歴史
  • 建長寺の境内
  • 境内に咲く美しい桜!
  • 近隣の観光スポット!
  • 建長寺へのアクセス

 

建長寺の歴史

 

 

建長寺は、1253年に北条時頼公が宋より渡来してきた僧・蘭渓道隆を招いて建立した寺院です。

境内には、惣門や山門、そして仏殿などが一直線に並んだ中国を代表する伽藍様式が現在でも残されています。14~15世紀の度重なる火災によって、境内の多くの建造物が焼失しました。江戸時代には幕府の援助などにより再建や復興され、2011年には唐門の修復工事が終了しました。
 

鎌倉五山とは臨済宗の寺院の寺格のことであり、建長寺は鎌倉五山第一位の寺院として知られています。

 

<鎌倉五山>

第一位:建長寺
第二位:円覚寺
第三位:寿福寺
第四位:浄智寺
第五位:浄妙寺

 

建長寺の境内

 

 

「惣門」をくぐり真っすぐ進むと、高さ約30mにも及ぶ立派な「山門」が見えてきます。

山門は1775年に再建され、重要文化財に指定されています。その他、境内にある「仏殿」や「唐門」も重要文化財、「梵鐘」は国宝に指定されています。参道の右側と左側には7本の柏槇が植えられ、その昔幾度となく起きた火災から免れてきた貴重な樹木です。

 

 

唐門の奥にある「方丈」の後ろ側には、禅寺を象徴する美しい庭園が広がっています。静寂な庭園を眺めていると、次第に心が落ち着いてきます。

 

 

境内に咲く美しい桜!

 

建長寺の参道には、春の時期になると美しい桜が見頃を迎えます。

建長寺は鎌倉の桜の名所でもあり、2月下旬~3月上旬にはオカメザクラ、3月下旬~4月上旬にはソメイヨシノが咲き誇り、春ならではの景色が広がります。

 

近隣の観光スポット!

 

建長寺の周辺には、近年紅葉の観光スポットで注目されている「長寿寺」やあじさい寺で有名な「明月院」などがあり、鎌倉観光が満喫できます!JR北鎌倉駅から鎌倉駅までハイキングすれば、鎌倉の美味しいグルメやお洒落なお店にも出会えるかも知れません。
 

せっかく鎌倉に来たら、神社仏閣巡りしてみてはいかがでしょうか?

広大な建長寺には、今回ご紹介した以外にも見どころが沢山あります。どの建造物もスケールが大きくて、まるで京都にいるかのような気分になりますね!境内には古い建造物だけでなく、2015年に建立された「虫塚」などユニークなものまであります。
 

関東でも人気の観光地である鎌倉は、江ノ電で湘南・藤沢へのアクセスも抜群です!是非とも、建長寺に足を運ばれることをおすすめします。

 

建長寺へのアクセス

◆建長寺の所在地
〒247-8525 神奈川県鎌倉市山ノ内8

◆電話番号
0467-22-0981

◆交通アクセス
【電車】JR横須賀線 北鎌倉駅西口より徒歩約15分

◆ご本尊:地蔵菩薩

公式サイト: https://www.kenchoji.com/

Lily /ライター

 

はじめまして。
旅行や神社仏閣巡り、そして写真撮影が趣味です。
関東の神社仏閣を中心に、全国の有名な神社からローカルな神社までご紹介させて頂きます!
どうぞ宜しくお願いします。


◇Facebook : https://www.facebook.com/lily.taki.359

◇Instagram : https://www.instagram.com/lily.taki/

◇Note : https://note.com/lily_taki

あなたへのおすすめ