神奈川県鎌倉市にある「本覚寺(ほんがくじ)」は、鎌倉・江の島の七福神で知られている寺院です。
 
夷様がお祀りされていることから商売繁盛のご利益があり、正月の「初えびす」(三が日)や「本えびす」(1月10日)には多くの参拝客で賑わいます。JR鎌倉駅からアクセスも抜群なので、鎌倉観光の際はぜひ一度参拝してみましょう!
 

目次

  • 本覚寺の歴史
  • 境内とご利益について
  • 正月行事の初えびす
  • 周辺の観光スポット!
  • 本覚寺へのアクセス

 

本覚寺の歴史

 

かつて本覚寺の山門の前には、夷堂というお堂がありました。
 
この夷堂は源頼朝が鎌倉幕府を開く際、幕府の裏鬼門の方角の鎮守として建てたことが始まりです。その後1436年に足利持氏がこの場所に本覚寺を創建し、一乗院日出上人に寄進しました。夷堂は明治時代の神仏分離によって蛭子神社に合祀されましたが、1981年に本覚寺の境内に再建されました。

境内とご利益について

 

境内には、「本堂」、「夷堂」、「鐘楼」、そして「楼門」などがあります。現在の本堂は1919年に創建され、立派な佇まいです。
 
 

 
 

ご本尊は釈迦三尊像で、眼病平癒のご利益があることでも知られています。赤色と緑色が基調の夷堂には夷様がお祀りされ、江の島・鎌倉の七福神であり商売繁盛のご利益があることで有名です!初夏には蓮の花、そして夏の時期にはサルスベリが咲き誇り、四季の花々が観賞出来ます。
 
 

 
 

正月行事の初えびす

 

本覚寺は正月の初えびす(三が日)や本えびす(1月10日)が有名で、この時期には境内に数多くの提灯が飾られて沢山の正月飾りなども授与され、正月の雰囲気が楽しめます。夕方になると提灯の明かりが灯り、昼間とは違う雰囲気も魅力の一つです。
 
 

 
 
鎌倉の初詣と言えば鶴岡八幡宮が有名ですが、本覚寺は人混みも少なく初詣におすすめの寺院です!
 

周辺の観光スポット!

 

本覚寺はJR鎌倉駅から徒歩にて約5分の場所にあり、近くには「妙本寺」や「常栄寺」など多くの神社仏閣があります。
 
妙本寺は紅葉の名所として知られており、毎年12月上旬頃まで紅葉が観賞出来ます。落ち着いた雰囲気なので、のんびり観光されたい方にはおすすめです。常栄寺は、別名「ぼたもち寺」とも呼ばれる寺院です。常栄寺の尼が龍ノ口刑場に護送される日蓮に胡麻ぼたもちを捧げ、日蓮が処刑を免れたということがぼたもち寺と呼ばれる由来とされています。
 
その他、鎌倉駅からすぐにある「小町通り」では、お洒落なカフェやお土産屋などが立ち並びグルメや買い物などが楽しめます!
 
 

 
 
鎌倉には数多くの神社仏閣があり、どこに行こうか迷ってしまいそうですね。鎌倉・江の島七福神は1日でも全ての社寺を参拝することが出来、専用の色紙に御朱印を頂けば最高の思い出にもなります!
 
専用の色紙は各神社やお寺で購入出来るので、ご興味があればぜひ試してみてはいかがでしょうか。鎌倉に観光される際は、ぜひ本覚寺に足を運ばれることをおすすめします!
 

本覚寺へのアクセス

 

◆本覚寺の所在地
〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町1丁目12-12

◆電話番号
046-722-0490

 

◆交通アクセス
【電車】JR鎌倉駅東口より徒歩5分
 
◆ご本尊:釈迦三尊像
 
鎌倉観光公式サイト: https://www.trip-kamakura.com/place/225.html

はじめまして。
旅行や神社仏閣巡り、そして写真撮影が趣味です。
関東の神社仏閣を中心に、全国の有名な神社からローカルな神社までご紹介させて頂きます!
どうぞ宜しくお願いします。


◇Facebook : https://www.facebook.com/lily.taki.359

◇Instagram : https://www.instagram.com/lily.taki/

◇Note : https://note.com/lily_taki

あなたへのおすすめ