近年は個性豊かな御朱印が日本各地の神社仏閣で描かれ、御朱印ブームを呼んでいます。その中でも今、SNSを中心にひときわ話題となっているのが、愛知県津島市の「牛玉山 観音寺(ごおうざん かんのんじ)」の御朱印です。

漫画家のアシスタント経験や、漫画雑誌の新人賞を受賞したこともあるすご腕の副住職が描く劇画調の御朱印がド迫力でかっこいいと、連日大行列を生んでいるのです。

今回はそんな独自の御朱印が誕生した経緯にせまり、授与時の注意点などを紹介していきます。

 

目次

  • 牛玉山観音寺の歴史と境内
  • 元漫画家アシスタント!牛玉山観音寺の副住職が描く御朱印がすごい
  • 書き置きもある?牛玉山観音寺の御朱印授与の注意点
  • 牛玉山 観音寺へのアクセス

 

牛玉山観音寺の歴史と境内

 

 

愛知県津島市の「牛玉山 観音寺」はもともと、津島市にある津島神社(つしまじんじゃ)を守護するための役割を担う「神宮寺(じんぐうじ)」として、戦国時代に栄えたお寺。

 

津島神社は全国に約3000社ある津島神社・天王社の総本社ですから、歴史的にも重要なお寺だとわかりますね。御本尊である不動明王像はなんと、今から700年以上も前の室町時代に作られたもの。

 

不動明王は右手に剣を持っているため、自分の心の迷いや苦しみを断ち切ってくれる「断ち切り不動」としても有名。そのため現在では悪縁を切ったり、悩みを断って前に進みたいという参拝者が多く訪れます。

ですが近年では、この牛玉山 観音寺で描かれる御朱印がかっこいいと口コミで話題になり、連日大行列をなすほどの大人気になっているのです!

 

元漫画家アシスタント!牛玉山観音寺の副住職が描く御朱印がすごい

 

 

愛知県津島市の「牛玉山 観音寺」の御朱印は文字だけでなく、本尊や十二支などが巧みな筆さばきで描かれた、アーティスティックなもの。3面の見開きを使って描かれ迫力満点なのですが、その画風は劇画調の漫画を思わせます。

 

この独特の御朱印を手がけているのは牛玉山 観音寺の副住職、長谷川優さん。なんと長谷川さんは過去に漫画家のアシスタント経験も持つ、まさに画業のプロ。上手いのも納得ですね。

 

 

住職の息子として生まれた長谷川さんにとって、厳しい修行中の唯一の楽しみは、仏教をテーマにした手塚治虫さんの漫画『仏陀』を読むことでした。

それから漫画家になることを目指して絵の練習を始め、芸大へ。講談社の漫画誌『イブニング』主催の「イブニング新人賞」で準大賞を受賞したこともあるのですが、最終的には仏道に入ることを決めたそうです。

 

観音寺の御朱印を任された長谷川さんは、「字は下手だが絵なら描ける」と漫画執筆の経験を生かし、独自の御朱印を描き始めます。これがSNSや口コミで話題となり、あっという間に大行列をなすほどの人気になりました。

 

書き置きもある?牛玉山観音寺の御朱印授与の注意点

 

 

全国的な人気を呼んだ「牛玉山 観音寺」の御朱印ですが、副住職一人で職務の合間に書いているものなので、1日に対応できる数は限られています。現在では、御朱印の対応は完全予約制となっています。

 

基本的な流れは以下の通り。

①ネットで予約
②御朱印帳を預ける
③御朱印執筆後、郵送で返送

 

ですがこの予約も、開始されるとすぐに埋まってしまうほどの激戦。絶対に手に入れたい方は、観音寺の公式サイトや公式Twitterなどで最新情報のチェックを忘れないようにしましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

牛玉山観音寺(@kannonji81)がシェアした投稿


 
牛玉山 観音寺公式Instagramより

 

予約が開始されるまで待てない、御朱印帳を預けるのは厳しいという方には、書き置きの御朱印もオススメ。印刷物にはなりますが、副住職が描いた御朱印を予約なしでいただくことができます。御朱印帳のサイズに合わせた紙幅になっているので、のりを使って貼りつけましょう。

 

しかし書き置きの御朱印もなくなり次第終了してしまうので、事前に公式Twitterで最新情報を確認するとよいでしょう。ですがなくなってしまった場合にも、境内にある「ギャラリー」では、副住職が描いた数々のイラストやライブペイント作品を楽しむことができます。

 

牛玉山 観音寺には公式Instagramや公式YouTubeチャンネルもあり、こちらでは御朱印などのイラストの他、副住職の執筆風景などもアップロードされています。興味のある方はぜひ一度チェックしてみてください。

 

牛玉山 観音寺へのアクセス

 

◆所在地
〒496-0807 愛知県津島市天王通り六丁目43番地の1

◆電話番号:0567-26-3932

 

◆アクセス
≪電車≫
名鉄「津島駅」から5分
※専用駐車場なし

◆正式名称:牛玉山 観音寺

◆ご本尊/宗派:不動明王/真言宗

 

公式サイト:https://www.kannonji81.com

(夏藤涼太/ライター)

Webライター/シナリオライター。

 

「日々にロマンを。毎日を豊かに。日常を非日常に」をテーマに、日本文化や歴史に神社仏閣、オカルトネタにサブカルチャー、シナリオライティングまで広く深く執筆しています。学生時代の専攻は民俗学。

 

◇twitter:@hondobo
◇blog:http://donotlife.blog.jp

あなたへのおすすめ