岩手県平泉町にある中尊寺は、豪族である藤原氏ゆかりの寺院です。2011年に世界文化遺産に登録され、国宝に指定されている金色堂は藤原4代の墓堂であり、豪華絢爛です。

広大な境内には多くの堂塔伽藍があり、ご利益もさまざまです。中尊寺周辺には毛越寺(もうつうじ)などの観光スポットもあり、秋には綺麗な紅葉が観賞出来ます!

目次

  • 中尊寺の歴史と黄金文化
  • 豪華絢爛な中尊寺金色堂
  • 中尊寺のご利益
  • 紅葉が綺麗な毛越寺!
  • 中尊寺へのアクセス

 

中尊寺の歴史と黄金文化

 

「中尊寺」は、850年に比叡山延暦寺の高僧・慈覚大師円仁(じかくだいしえんにん)が開山されたと伝えられています。その後、859年に清和天皇より中尊寺の額を賜りました。

奥州平泉は、豪族の藤原氏によって1087年~1189年まで約100年間繁栄しました。奥州は平安時代から黄金文化が栄え、その後、前九年の役・後三年の役の後に藤原清衡氏によって黄金が管理、利用されました。かつては現在の岩手県と秋田県の県境にある山脈などに良質な金山があり、マルコ・ポーロの東方見聞録には日本が「黄金の国ジパング」という名前で紹介されています。

また、「平泉 仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群」の構成資産として2011年に世界文化遺産に登録された、日本を誇る建造物です。

 

豪華絢爛な中尊寺金色堂

 

 

広大な境内には、清衡氏が前九年の役・後三年の役での犠牲者を弔う為に1105年頃より約20年の歳月をかけて数多くの堂塔伽藍が造営されました。

国宝である「金色堂(こんじきどう)」は1124年に初代清衡氏によって上棟され、当時創建された唯一の建造物です。金色堂には、清衡氏、基衡氏、そして秀衡氏3代の遺体と、4代泰衡氏の首級が納められています。

金色に輝く阿弥陀堂で、漆や螺鈿(らでん)などの素晴らしい装飾技法が見られます。螺鈿とは、夜光貝などを彫刻して木地などにはめ込む技法のことです。

 

中尊寺のご利益

 

境内には多くの堂塔伽藍があり、ご利益もさまざまです。金色堂には、金運はもちろん家内安全や人間関係向上、決断力や信頼される人間力が身に付くとも言われています。

「峯薬師堂」は、全国でも珍しい目のご利益があると伝えられています。金箔の薬師如来が祀られており、見応えがあります。眼病や目が疲れている方などは、ぜひ参拝されてみてはいかがでしょうか。

境内の奥にある「白山(はくさん)神社」には、夫婦神である伊邪那岐尊(イザナギノミコト)と伊邪那美尊(イザナミノミコト)が祀られており、縁結びや良縁のご利益があります。良縁を結ばれたい方は、ぜひ参拝されることをおすすめします!

 

紅葉が綺麗な毛越寺!

 

 

中尊寺周辺には、世界文化遺産の構成資産に登録されている「毛越寺」があります。毛越寺は2代基衡氏によって整備され、当時は中尊寺を上回るほどの建造物が建てられていました。現在は、境内の中央にある「大泉が池」や「常行堂」などがあり、秋の季節には綺麗な紅葉の景色が広がります!

平泉には循環バス「るんるん」やレンタサイクル「りんりん」などがあり、効率よく観光することが出来ます。趣ある浄土式庭園であり、国の特別名勝・特別史跡にも指定されている毛越寺はぜひ訪れたい場所です!

 

 

今回は中尊寺の見どころやご利益、そして周辺観光スポットの毛越寺を中心にご紹介しました。中尊寺の広い境内にはまだ沢山の見どころがあり、近隣には毛越寺以外に3つの世界文化遺産の構成資産があります。

秋の季節には、中尊寺境内の紅葉も素晴らしいです!岩手県を観光される際は、ぜひ中尊寺に足を運ばれることをおすすめします!

 

 

中尊寺へのアクセス

◆中尊寺の所在地
〒029-4102 岩手県西磐井郡平泉町平泉衣関202

◆電話番号
0191-46-2211

◆交通アクセス
【電車】東北新幹線一ノ関駅経由より平泉駅 循環バス「るんるん」にて約10分

【車】平泉駅より 約5分

◆ご本尊:釈迦如来

公式サイト: https://chusonji.or.jp/

Lily /ライター

 

はじめまして。
旅行や神社仏閣巡り、そして写真撮影が趣味です。
関東の神社仏閣を中心に、全国の有名な神社からローカルな神社までご紹介させて頂きます!
どうぞ宜しくお願いします。


◇Facebook : https://www.facebook.com/lily.taki.359

◇Instagram : https://www.instagram.com/lily.taki/

◇Note : https://note.com/lily_taki

あなたへのおすすめ