新潟県の佐渡島にある「長谷寺(ちょうこくじ)」というお寺を知っていますか?

 

かつては140羽近くのウサギが放し飼いされていた「ウサギ寺」として有名で、今も多くのウサギや、立派な「ウサギ観音像」を見ることができます。

 

そんな長谷寺では仏教にまつわる様々な体験をすることもでき、とくに人気なのが棺桶(かんおけ)に入る暗闇体験。今回は魅力たっぷりの長谷寺の秘密に迫ります!

 

目次

  • 新潟県佐渡市「長谷寺」の歴史と境内
  • 日本一ウサギの多い寺?長谷寺のウサギ観音がインパクト抜群
  • 瞑想から棺桶体験まで!長谷寺の暗闇体験を紹介
  • 長谷寺へのアクセス

 

 

新潟県佐渡市「長谷寺」の歴史と境内

 

“長谷寺” by imp98 is licensed under CC BY-NC-SA 2.0

 

新潟県佐渡市の長谷寺は、807年に佐渡島に建てられた真言宗のお寺で、正式名称は「北豊山 長谷寺」。

 

能を大成した「世阿弥(ぜあみ)」や米沢藩の武将「直江兼続(なおえかねつぐ)」など、名だたる人物も訪れた歴史あるお寺です。

境内では国委指定の重要文化財である十一面観音立像や、平安時代の金剛力士像など、県指定の文化財を多く保管しています。

 

“長谷寺” by imp98 is licensed under CC BY-NC-SA 2.0

 

さらに県の天然記念物である「三本スギ」や「高野マキ」に加え、5月には「ぼたんまつり」が開かれるボタンの名所としても知られているなど、歴史と自然と彩られたお寺です。

ですがそれだけでなく、長谷寺は2000年代には「日本一ウサギの多い寺」として全国的に有名になりました。

 

日本一ウサギの多い寺?長谷寺のウサギ観音がインパクト抜群

 

 

新潟県佐渡市の長谷寺では、2006年頃から草取りのために境内でウサギの放し飼いを始めました。老朽化した建物の維持と修繕に費用がかかり、除草にまで手をかけられなかったからです。

 

ですがこのウサギがどんどん繁殖し……一時期は130~140羽近くにまで増え、「日本一ウサギの多い寺」として有名になりました。

 

2018年には除草と寺の知名度アップに貢献してくれたウサギに感謝して、約6メートルの「ウサギ観音像」を建立。夜には目が赤く光ってインパクト抜群と、ネットでも話題になりました。

 

 

しかしこの長谷寺のウサギ、近年では数が増えすぎて適正な管理ができていないとして保健所から指導を受けてしまいます。

その後は寄付を募って飼育環境を改善したり、譲渡や去勢手術を行うなどしており、2021年3月には、その数を20羽にまで減らしました。

 

この先、長谷寺のウサギがどうなってしまうのかはわかりません。ですがウサギが守ってくれたお寺の歴史と、立派なウサギ観音はこの先も親しまれていくことでしょう。

 

瞑想から棺桶体験まで!長谷寺の暗闇体験を紹介

 

 

新潟県佐渡市の長谷寺の魅力はこれだけではありません。

アイデアマンである現住職の富田さんは約30もの体験メニューを用意。参拝時には仏教を学ぶコースからアトラクション感覚で楽しめるものまで、様々な体験コースを楽しむことができます。

 

とくに人気なのが、棺桶(かんおけ)に入って「死」を擬似的に体験する暗闇体験。住職のありがたいお話を聞いて、暗闇の中で自分を見つめ直すことで、新たな自分に「生まれ変わる」ことができます。

中でも二人同時に棺桶に入れる「二人用棺桶」は世界でも長谷寺だけの特注品。写真撮影も可能なので、将来の活路を見いだそうとする夫婦やカップルにもオススメです。

 

 

他にも座禅や写経、瞑想(めいそう)、寺宝見学、はたまた肝試しまで……バラエティ豊かな体験を楽しむことができます。

長谷寺の公式サイトでは、全体験コースの詳細や所要時間、費用などを公開しているので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

 

25ヶ国語に翻訳された案内文など、インバウンド対策もバッチリ。とにかく歴史から自然、様々な体験まで魅力たっぷりのお寺です。佐渡島の観光の際には、ぜひ一度訪れてみてください。

 

長谷寺へのアクセス

 

◆所在地
〒952-0204 佐渡市長谷13番地

◆電話番号:0259-66-2052

◆アクセス
両津港から車で30分  畑野交差点~車で約4分(徒歩約35分)
第一駐車場(マイクロバス2台、乗用車15台)
第二駐車場(乗用車10台)
第三駐車場(大型バス3台、マイクロバス2台、乗用車10台)

◆正式名称:真言宗 豊山派 長谷寺

◆参拝時間:8:30~17:00

◆ご本尊/宗派:十一面観音/真言宗豊山派

公式サイト:https://sado-choukokuji.jp

(夏藤涼太/ライター)

Webライター/シナリオライター。

 

「日々にロマンを。毎日を豊かに。日常を非日常に」をテーマに、日本文化や歴史に神社仏閣、オカルトネタにサブカルチャー、シナリオライティングまで広く深く執筆しています。学生時代の専攻は民俗学。

 

◇twitter:@hondobo
◇blog:http://donotlife.blog.jp

あなたへのおすすめ