神奈川県寒川町に鎮座する寒川神社(さむかわじんじゃ)は、相模国一之宮として大変有名です。格式が高い神社であり、全国でも珍しい八方除けのご利益があることでも知られています。数多くの芸能人も参拝され、正月の初詣では県内で2番目に参拝者が多く訪れます。

目次

  • 寒川神社について
  • 寒川神社のご利益
  • 境内の見どころ
  • 素敵な雰囲気の日本庭園!
  • 寒川神社へのアクセス

 

寒川神社について

 

寒川神社の創建時期は未詳ですが、約1,600年前の雄略天皇の時代には既に存在していたと伝えられています。鎌倉時代の吾妻鏡によると、寒川神社について「一宮佐河大神」と記載があることから、当時より相模国一之宮であったことが分かります。

 

毎年5月5日には相模の六社が集まる「国府祭(こうのまち)」が開催され、その昔磯長国(一之宮は川勾神社)と相武国(一之宮は寒川神社)が合併して相模国になる際、どちらの神社が一之宮にふさわしいかという議論の様子を儀式化した座問答が行われます。

 

 

寒川神社のご利益

 

寒川神社は、全国でも唯一八方除けにご利益がある神社で知られています。八方除けとは人や物などが移動する物理的な方角のことを指し、その方角に行って不吉な事が起こることを避けます。方位除けという言葉もありますが、こちらは占いの星回りで凶の位置にある人のことを言います。出張や旅行先などで嫌な事が起こるのを避けたい方は、ぜひ寒川神社に参拝されることをおすすめします!

その他、寒川神社は昔から視聴率祈願にもご利益があるとされ、芸能人など多くのテレビ関係者が参拝に訪れます。

 

境内の見どころ

 

 

 

 

三の鳥居をくぐり真っすぐ進むと、立派な「神門」が見えてきます。神門には毎年1月1日~2月3日まで「迎春ねぶた」が掲げられ、正月の風物詩になっています。青森が有名なねぶたは、関東では寒川神社でしか見ることが出来ないので、迫力あるねぶたをぜひ見てみましょう!

 

 

 

 

神門をくぐると、長いしめ縄が飾られた大きな「社殿」があります。初めて寒川神社に参拝される方は、社殿の大きさに圧倒されることでしょう。相模国一之宮の風格が感じられ、いつ訪れても多くの参拝客が訪れています。

 

 

 

 

素敵な雰囲気の日本庭園!

 

三の鳥居の横には、こじんまりした日本庭園もあります。「神池」と呼ばれる池には噴水があり、静かな時間が流れています。奥にはベンチとテーブルもあるので、緑に囲まれながら一休み出来ます。庭園内にはモミジの木なども植えられているので、秋には綺麗な紅葉の景色が見られます!

 

 

 

 

寒川神社は全国的にも珍しい八方除けの守護神であり、国内でも有名な神社です。広大な境内なので、参拝した後はゆっくり散歩などされるもの良いでしょう。機会があれば、ぜひ寒川神社に参拝されることをおすすめします!

 

 

 

 

寒川神社へのアクセス

◆寒川神社の所在地
〒253ー0195神奈川県高座郡寒川町宮山3916

◆電話番号
0467-75-0004

◆交通アクセス
【電車】JR相模線「宮山駅」より 徒歩5分

【車】圏央道寒川北I.Cを出て右折し、中里交差点より2~3分

◆ご祭神:寒川比古命 (さむかわひこのみこと)
寒川比女命 (さむかわひめのみこと)

公式サイト: http://samukawajinjya.jp/

Lily /ライター

 

はじめまして。
旅行や神社仏閣巡り、そして写真撮影が趣味です。
関東の神社仏閣を中心に、全国の有名な神社からローカルな神社までご紹介させて頂きます!
どうぞ宜しくお願いします。


◇Facebook : https://www.facebook.com/lily.taki.359

◇Instagram : https://www.instagram.com/lily.taki/

◇Note : https://note.com/lily_taki

あなたへのおすすめ