大阪府の「布忍(ぬのせ)神社」は悪霊退散や恋愛成就にご利益のある「速須佐男之尊(すさのおのみこと)」をお祀りしている神社で、地元では古くから親しまれてきました。
 
そんな布忍神社には独特な「恋みくじ」があります。この恋みくじがインパクト抜群で面白いと女性を中心に話題となり、近年では全国から参拝者が訪れるほどの人気になっているのです。
 
 

photo by. Nankou Oronain (as365n2) is licensed under CC BY-SA 3.0

 
 

目次

  • 布忍神社の歴史と祭神
  • 布忍神社の境内
  • 布忍神社の「イチハラヒロコの恋みくじ」がインパクト抜群で面白い!
  • 布忍神社へのアクセス

 

布忍神社の歴史と祭神

 

 

photo by. Nankou Oronain (as365n2) is licensed under CC BY-SA 3.0

 
 

大阪府松原市の布忍神社にはその名の通り、古くから「布」にまつわる伝説があります。白布を敷いて「速須佐男之尊(すさのおのみこと)」をこの地に招いたのだとか。
 

布忍神社の創建年代ははっきりしませんが、「布忍」という地名は日本書紀にも見られるため、非常に歴史のある神社と考えられるでしょう。
 
 

 
 
布忍神社では速須佐男之尊の他に、「八重事代主之尊(やえことしろぬしのみこと)」と「武甕槌雄之尊(たけみかずちのみこと)」の3柱を主祭神としています。
 

毒虫が村に入ってくるのを防いだという伝説も残されており、近世には病気平癒・毒虫退治・厄除けなどにご利益のある神社として地域の信仰を集めていました。

 

布忍神社の境内

 

 

photo by. Nankou Oronain (as365n2) is licensed under CC BY-SA 3.0

 
 
布忍神社の本殿は大阪府の指定有形文化財に指定されていて、境内では多くの文化財や美術品を見ることができます。

 
江戸時代の狩野派作とされる唐獅子絵(からじしえ)や、江戸時代の高泉(こうせん)の書とされる「布忍宮」の扁額(へんがく)、室町時代から江戸時代のものと思われる小絵馬(こえま)など、数多くの神宝が収められています。

 

布忍神社の「イチハラヒロコの恋みくじ」がインパクト抜群で面白い!

 
 

photo by. Motoki Matsumoto is licensed under CC BY-NC 2.0

 
 

神社のおみくじといえば「大吉」や「凶」などの吉凶が書かれているのが一般的ですが、布忍神社では1999年から現代美術アーティストのイチハラヒロコ氏とコラボした「イチハラヒロコ恋みくじ」を頒布しています。
 

恋みくじには通常の吉凶は書かれておらず、その代わりに「その愛でいいのか。」「もう一度ふたりで始めよう。」「人は見かけ。」などの短い、しかしインパクト抜群なメッセージが書かれています。
 

おみくじの吉凶しか読んでくれない人が多いことに悩んだ布忍神社の寺内宮司が、文字だけの作品を得意とするイチハラヒロコ氏におみくじの制作を依頼したのがきっかけで、メッセージは宮司とイチハラヒロコ氏の2人で考えたそうです。
 
 

photo by. hiromy is licensed under CC BY-NC-SA 2.0

 
 

布忍神社の恋みくじは境内に結びつけたりせずに、家に持って帰って何度も読み返すのが正しい作法。また宮司いわく、恋みくじには「男女間」だけの恋ではなく、家族や友人、会社、趣味などに対する恋も含まれているのだとか。
 

近年この恋みくじが女性を中心にSNSで話題となり、全国から参拝者が訪れるほどの人気になりました。恋みくじは全36種で、1回200円(税込み)。

短くてインパクトがあるからこそ、自分を見つめ直すきっかけになりそうですよね。
 
 

 
 
布忍神社では同じくイチハラヒロコ氏とコラボしたお守りも頒布していて、こちらにも「良縁望む。」「復活LOVE。」などのメッセージが書かれています。
 

偶然の一致ですが、2016年にアイドルグループの嵐が『復活LOVE』という曲を発売し、嵐ファンがかけつけたことでも話題になりました。

恋に不安や悩みを抱えている方はもちろん、嵐ファンの方もぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

布忍神社へのアクセス

 

◆所在地
〒580-0025 大阪府松原市北新町2-4-11

 
◆電話番号:072-334-7634
 

 
◆アクセス
≪電車/バス≫
近鉄「布忍駅」より徒歩5分
≪自動車≫
阪神高速「三宅」出口より10分
 
◆参拝時間:6時~18時(6月~8月は5時~19時)
授与所は9時~17時(月曜休み・月曜が祝日の場合は火曜休み)
 
◆ご祭神
速須佐男之尊(はやすさのおのみこと)
八重事代主之尊(やえことしろぬしのみこと)
建甕槌雄之尊(たてみかづちおのみこと)
 
◆主な祭事:節分祭、観月祭
 
公式サイト:http://www.eonet.ne.jp/~nunose/
 
(夏藤涼太/ライター)

 

Webライター/シナリオライター。

 

「日々にロマンを。毎日を豊かに。日常を非日常に」をテーマに、日本文化や歴史に神社仏閣、オカルトネタにサブカルチャー、シナリオライティングまで広く深く執筆しています。学生時代の専攻は民俗学。

 

◇twitter:@hondobo
◇blog:http://donotlife.blog.jp

あなたへのおすすめ