2600年以上の歴史をもつとされる愛知県一宮市の「真清田(ますみだ)神社」は、「尾張國一之宮」として多くの人々から信仰を集めてきました。

重要文化財なども多く保管され、一宮市の発展に古くから関わってきた非常に格式の高い神社です。

 

しかし真清田神社は歴史が深いだけでなく、近年では愛知県屈指のパワースポットとしても人気を集めています。

邪気を払い落とす井戸や、無病息災のご利益がある霊水、縁結びのパワースポットなど……今回は真清田神社のオススメのパワースポットを紹介していきます。

 

目次

  • 愛知県一宮市「真清田神社」の歴史
  • 愛知県一宮市「真清田神社」の境内
  • 真清田神社のパワースポット①霊水
  • 真清田神社のパワースポット②神水舎の井戸
  • 真清田神社のパワースポット③おもかる石
  • 真清田神社のパワースポット④服織神社
  • 真清田神社のパワースポット⑤幸運の楠
  • 真清田神社へのアクセス

 

 

愛知県一宮市「真清田神社」の歴史

 

 

愛知県一宮市の「真清田神社」の創建は、社伝によれば神武天皇33年……実に2600年以上も昔のこと。尾張(おわり)国(愛知県西部)の「一宮(いちのみや)」として、尾張開拓の祖である「天火明命(あめのほあかりのみこと)」をご祭神としてまつっています。

 

「一宮」とは、その地域においてもっとも格式の高い神社のこと。平安時代には、年代が古くかつ由緒の正しい神社だけが名乗ることのできる「名神大社(みょうじんたいしゃ)」にも国から認められています。

 

 

「一宮市」の名称は「尾張國一之宮」に由来するものですが、実は「一宮」の名を冠する「市」は全国でも一宮市だけ。

一宮市の市章も、真清田神社の神宝である「五鈴鏡」をモチーフにしています。

 

真清田神社の年間参拝者数は120万人にものぼり、一宮市民はもちろん、尾張地方の多くの人々から信仰を集めているのがわかります。

 

愛知県一宮市「真清田神社」の境内

 

 

愛知県「真清田神社」は一宮市街の中心に位置していながら、まるでここだけ時間の感覚が異なるような、落ち着いた空気が流れています。

真清田神社の社殿のほとんどは1945年の空襲で焼失しており、現在の社殿は戦後に再建されたもの。ですが本殿などはその造形を評価されて国の登録有形文化財に指定されています。

 

また鎌倉時代の順徳天皇は真清田神社をあつく信仰し、多くの舞楽面(ぶがくめん・舞楽に使う仮面)を奉納しました。その舞楽面は現在も宝物館に保管されており、国の重要文化財に指定されています。

 

真清田神社のパワースポット①霊水

 

 

愛知県一宮市の発展には木曽川の恩恵が大きく、「真清田」という地名も、清らかな水による田園地帯に由来します。平安時代には、弘法大師(空海)の雨乞いによって水神である龍が現れ雨を降らせたという話が真清田神社に残っているなど、水と関係の深い神社です。

 

とくにその井戸水は、平安時代末期、白河天皇の病を治したという伝承から、無病息災のご利益がある霊水として信仰されてきました。龍の彫刻から吐き出される霊水は、ペットボトルにくんで持ち帰ることもできます。

 

真清田神社のパワースポット②神水舎の井戸

 

霊水が飲めるスポットである「神水舎」には、井戸も設置してあります。

この井戸をのぞき込んで、水面に映った自分の顔を見つめることで心身の邪気(悪い気)を払い落とし、健康・家内安全を祈ることができるとされています。

 

真清田神社のパワースポット③おもかる石

 

 

神水舎の井戸の右側には、「おもかる石」があります。

石の重さで願いが叶うかどうかを占うことができる不思議な石です。願いを込めて持ち上げ、重いと感じれば願いは叶わず、軽いと感じれば願いが叶うのだとか。

 

真清田神社のパワースポット④服織神社

 

 

真清田神社本殿の東側には、「服織神社(はとりじんじゃ)」という摂社があり、真清田神社の主祭神である天火明命の母神、「萬幡豊秋津師比賣命(よろづはたとよあきつしひめのみこと)」がまつられています。

 

萬幡豊秋津師比賣命は織物の神ですが、あの七夕伝説の「織姫」とも同一視されており、縁結びのパワースポットとして近年は女性の参拝者が急増しているのです。

 

真清田神社のパワースポット⑤幸運の楠

 

 

真清田神社には、国家や子孫の繁栄を象徴する楠(クスノキ)が多く植えられています。とくに服織神社に植えられてある大きな楠は「幸運の楠」と呼ばれ、運気を上げるパワースポットとして人気を集めています。

 

今回は真清田神社の5つのパワースポットを紹介しました。他にも「夫婦円満の石」や「夫婦楠」などのパワースポットがあるほか、一宮市最大のお祭りである「一宮七夕まつり」や、創建日に行われる「桃花祭(とうかさい)」などなど、見どころは満載。運気を授かりたい方はぜひ一度、愛知県の真清田神社を訪れてみてください。

 

真清田神社へのアクセス

 

◆所在地
〒491-0043 愛知県一宮市真清田1丁目2-1


◆電話番号:0586-73-5196

◆アクセス
≪電車/バス≫
JR「尾張一宮」駅、および名鉄「一宮」駅から徒歩8分
「本町1丁目バス停」、および「本町通りバス停」よりすぐ北

≪車≫
名神高速「尾張一宮」I.Cより約20分
名古屋高速一宮線「一宮東」出口より約10分
東海北陸自動車道「一宮西」I.Cから約10分、「一宮木曽川」I.Cから約15分
※駐車場:80台(1時間100円)

◆参拝時間:9:00~17:00(御祈祷は9:00~16:00)

◆ご祭神
天火明命(あめのほあかりのみこと)

◆主な祭事:桃花祭、一宮七夕まつり

公式サイト:http://www.masumida.or.jp

(夏藤涼太/ライター)

 

Webライター/シナリオライター。

 

「日々にロマンを。毎日を豊かに。日常を非日常に」をテーマに、日本文化や歴史に神社仏閣、オカルトネタにサブカルチャー、シナリオライティングまで広く深く執筆しています。学生時代の専攻は民俗学。

 

◇twitter:@hondobo
◇blog:http://donotlife.blog.jp

あなたへのおすすめ