千葉県香取市に鎮座する「香取神宮」は、昔から下総国一之宮の神社として知られています。東国三社でもあり、勝負運のご利益があることで大変有名です。境内には楼門や本殿の建造物が国の重要文化財に指定されていて、奥宮や要石などの見どころもあります。

目次

  • 香取神宮の歴史
  • 香取神宮のご利益
  • 境内について
  • 境内にある国の重要文化財

 

香取神宮の歴史

 

 

神武天皇の時代に創建された香取神宮は、約2,600年以上の歴史がある神社です。

茨城県鹿嶋市に鎮座する「鹿島神宮」と神栖市にある「息栖神社」とともに、東国三社としても知られています。江戸時代には「関東のお伊勢参り」として広く知られ、関東より北に住んでいる方がお伊勢参りから帰る途中に東国三社に参拝されました。

伊勢神宮は昔から特別な存在であり、当時神宮と呼ばれる神社は伊勢神宮と鹿島神宮、そして香取神宮の3社でした。昔から全国でも格式の高い神社として知られています。

 

香取神宮のご利益

香取神宮のご祭神である「経津主大神(ふつぬしのおおかみ)」は、伝説によると鹿島神宮の神様で知られる「武甕槌命(タケミカヅチノミコト)」とともに出雲の国譲りを成し遂げました。日本の国造りに貢献し、武道にも優れていた神様であることから勝負運のご利益があると伝えられています。試験や仕事などで勝負運が必要な方は、ぜひ訪れたい神社です。

その他、仕事や人生などを開運の方向へ導いてくれる力があるので、心に迷いがある方などにはおすすめの神社です。また、経津主大神は武甕槌命と同様に武術の神様で崇められ、多くの武道場には「鹿島大明神」と「香取大明神」のご神札などが掲げられています。

境内について

 

 

境内は約12万平方メートルと広大な敷地で、「総門」や「拝殿」をはじめ、「神楽殿」や「要石」、そして「奥宮」などがあります。

鳥居をくぐると最初に見えてくるのが、総門です。朱色と緑色の基調で均整が取れた総門は、とても美しいです。楼門をくぐると正面に「拝殿」、そして右側には「神楽殿」があります。拝殿には黒や緑、そして金色などの豪華な装飾が施され、重厚感があります!

 

授与所で販売されているお守りやご神札などは、香取神宮のご利益が多いことから種類も豊富です。その中でも、勝守りは大変人気のお守りです!

 

 

拝殿から少し離れた場所には、「要石」や「奥宮」などがあります。地震の守護神として知られる香取神宮の要石は凸型で、鹿島神宮にある要石は凹型をしています。一説によると、地上から見えている要石はほんの一部で、ほとんどは地下深くまで埋まっていると伝えられています。

奥宮では、経津主大神の荒魂が祀られています。拝殿に比べると参拝客が少なく、神秘的な雰囲気に包まれています。すぐ近くには奥宮の社務所があり、奥宮の御朱印が頂けます。

境内にある国の重要文化財

 

 

境内にある朱色の「楼門」や「本殿」は、国の重要文化財に指定されています。存在感がある楼門は、立派な佇まいです!

楼門に掲げられている扁額は、東郷平八郎によって書かれました。鹿島神宮の楼門にも東郷氏による扁額があるので、鹿島神宮を参拝される際はぜひ一度ご覧頂くことをおすすめします。

 

 

拝殿の後方にある本殿は、1700年に徳川幕府によって造営されました。本殿は両流造であり、現在でも当時の建築様式が見られる貴重な建造物です。

 

今回は香取神宮の主な見どころやご利益などを中心にご紹介しましたが、境内には他にも沢山の見どころがあります。香取神宮は鹿島神宮とともに勝負運にご利益がある神社で有名なので、これから勝負事がある方はぜひ参拝されることをおすすめします!

 

香取神宮へのアクセス

◆香取神宮の所在地
〒287-0017 千葉県香取市香取1697-1

◆電話番号
0478-57-3211

◆交通アクセス
【電車】JR成田線 佐原駅より タクシーで約10分
JR成田線 香取駅より 徒歩約30分

【車】東関東自動車道 佐原香取ICより 約1.5km

◆ご祭神:経津主大神

公式サイト:https://katori-jingu.or.jp/

Lily /ライター

はじめまして。
旅行や神社仏閣巡り、そして写真撮影が趣味です。
関東の神社仏閣を中心に、全国の有名な神社からローカルな神社までご紹介させて頂きます!
どうぞ宜しくお願いします。


◇Facebook : https://www.facebook.com/lily.taki.359

◇Instagram : https://www.instagram.com/lily.taki/

◇Note : https://note.com/lily_taki

あなたへのおすすめ