愛知県安城市で開かれる「安城七夕まつり」は、「日本三大七夕まつり」の1つ。

ですが短冊や願い事に関するイベントの数では、日本一と言われています。「安城七夕神社」は、そんな安城七夕まつりの聖地として「安城神社」の境内に建てられました。

安城神社のすぐ隣に広がるのは、桜の名所として有名な「安城公園」。安城公園には8種類の動物を見ることができる小動物園や、童話作家の新美南吉や俳句にまつわる文学碑が並ぶ「文学の散歩道」などもあります。

 

今回は桜から動物、文学まで楽しめる「安城七夕神社」と「安城神社」について紹介していきます。

 

目次

  • 安城七夕神社・安城神社の歴史と祭神
  • 安城七夕神社と安城七夕まつり
  • 動物と文学と桜を楽しもう!安城神社と安城公園
  • 安城神社(安城七夕神社)へのアクセス

 

安城七夕神社・安城神社の歴史と祭神

 

 

「安城神社」は、愛知県安城市の街中に位置する静かな神社。大きな鳥居と豊かな緑が広がる境内はいつも美しく整備され、いるだけで心が落ち着くようです。

安城神社は英霊(国家のために亡くなられた人の霊)をまつるための護国神社で、1938年に靖国神社から安城出身者の分霊をして建立されました。

当時は南明治八幡社の境内にありましたが、1942年に現在地に建て替えられました。

 

 

安城神社の境内には、「安城七夕神社」という小さな神社があります。これは安城市で毎年開催される「安城七夕まつり」の聖地として、1960年に建てられたものです。

 

「七夕神社」という名前を持つ神社は、実は全国でも安城七夕神社だけ。ご祭神は織姫と彦星に見立てた「猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)」と「天宇受売命(あめのうずめのみこと)」。商売繁盛や開運、縁結び、芸能に関するご利益があります。

 

鳥居の前にある像は、安城七夕まつりの公式キャラクター、「きーぼー」。プロフィールによると、きーぼーは安城七夕神社の森に生息しているのだとか。

 

安城七夕神社と安城七夕まつり

 

 

愛知県安城市の「安城七夕まつり」は、仙台、平塚と並ぶ「日本三大七夕まつり」の1つとされています。

しかし竹飾りのストリートの長さや、短冊の数、願いごとに関するイベントの数では安城が日本一なのだとか。

 

安城市が誕生した1952年に、地域活性化のために企画されたのが安城七夕まつりの始まり。

その後、地域の人々に愛されたこともあり、2009年からは「『日本三大』から『願いごと日本一』へ」をキーワードに、今まで以上にイベントの充実が行われたのです。

 

Photo by BONGURI is licensed under CC BY-NC-ND 2.0

 

 

安城七夕神社ではまつりの無事と成功を祈る「七夕神社大祭」が行われ、まつりの終わりには、願いの書かれた短冊が神社に奉納されます。

まつりの期間中には幻想的な竹灯籠が参道に設置されるほか、絵馬や恋みくじ、限定御朱印などの授与品も多数用意されています。

 

動物と文学と桜を楽しもう!安城神社と安城公園

 

 

安城神社に隣接している「安城公園」は、3万900平方メートルを誇る自然豊かな公園。約200本の桜が植えられており、市内では桜の名所として有名です。

 

園内には小動物園とバードハウスがあり、動物との触れ合いも人気。現在はセキセイインコ、オカメインコ、ポニー、鹿、マーラ、オオヅル、クジャク、フラミンゴの8種類の動物がいます。

 

 

安城市は、『ごんぎつね』などで知られる童話作家の新美南吉の「第二のふるさと」としても有名。

また安城では幕末から短歌・俳句・狂歌などが盛んになったこともあり、安城公園にも「文学の散歩道」が作られました。

 

 

安城公園には新美南吉の文学碑や、他にも多くの俳人や文豪、詩句を紹介する石碑が立ち並び、これらを巡りながら散歩する人も多くいます。

 

安城神社(安城七夕神社)へのアクセス

◆所在地
〒446-0041 愛知県安城市桜町18-40
※安城七夕神社は愛知県安城市桜町18-18

◆電話番号
0566-75-2656(安城神社)

◆アクセス
JR東海道本線「安城駅」から徒歩15分
※駐車場:あり

◆参拝時間:24時間

◆ご祭神
【安城神社】
護国の英霊
【安城七夕神社】
猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)
天宇受売命(あめのうずめのみこと)

◆主な祭事:例祭、七夕神社大祭(安城七夕神社)

公式サイト:https://anjo-tanabata.jp(安城七夕まつり)

(夏藤涼太/ライター)

Webライター/シナリオライター。

 

「日々にロマンを。毎日を豊かに。日常を非日常に」をテーマに、日本文化や歴史に神社仏閣、オカルトネタにサブカルチャー、シナリオライティングまで広く深く執筆しています。学生時代の専攻は民俗学。

 

◇twitter:@hondobo
◇blog:http://donotlife.blog.jp

あなたへのおすすめ