京都にある晴明神社は、その名の通り安倍晴明をお祀りしている神社で、魔除けと厄除のご利益があるパワースポットです。

安倍晴明は平安時代に活躍した陰陽師。詳しくは知らなくとも、小説や映画などで名前を聞いたことがあるという人は多いのではないでしょうか。そんな晴明にゆかりある晴明神社をご紹介します。


編集部おすすめの一冊
『京都お守りめぐり 』

お参りに行った人達の声

 

晴明神社(せいめいじんじゃ)

晴明神社が創建されたのは、寛弘4年(1007)。安倍晴明の偉業を称えるために一条天皇の命によって、晴明の屋敷跡に建てられました。
一時は、応仁の乱をはじめとする度重なる戦や、時代の変化に翻弄されて、神社の規模は縮小し、荒廃していた時期もありましたが、幕末以降に社殿と境内が整備が行われ、再建されました。

現代では、陰陽師というと、映画や漫画のように超常的な術を使って鬼や怪物を退治するイメージがありますが、実際には、朝廷や都の吉凶を占ったり、厄祓いを行ったりする占い師のような立ち位置の職業で、朝廷に使える官人でした。

そんな陰陽師の中でも、晴明は卓越した知識をもっていて、天体や星や雲の動きを観察し、都の異変や吉凶を言い当てたり、人々の悩みや苦しみを取り払い、多くの人々から厚い信頼を寄せられていました。

そんな晴明がご祭神にお祀りされていることから、晴明神社は魔除け厄除けのご利益があるパワースポットとして、現代でも親しまれています。

社紋「晴明桔梗」

一の鳥居や本殿など境内のいたるところにあしらわれている星型のマーク。これは晴明桔梗(せいめいききょう)、もしくは五芒星(こぼうせい)と呼ばれるもので、晴明が創った陰陽道に使用される祈祷呪符のひとつです。

旧・一条戻橋

境内にある小さな橋、旧・一条戻橋は、晴明と縁深い一条戻橋を再現したもの。

本物の一条戻橋は晴明神社近くの堀川にかけられています。源頼光の四天王の一人・渡辺綱が、鬼女の腕を切り落としたという鬼女伝説の舞台となった有名な橋です。現代でも「戻る」という意味を嫌って、嫁入りや葬式の行列はこの橋を渡らないという習わしが残されています。

病気平癒の晴明井

晴明が念力により湧出させたといわれている井戸・晴明井。茶人・千利休が、豊臣秀吉にお茶を入れる際に、この井戸の水を使用したことでも知られています。

水が湧き出るところは、その歳の恵方を向いていて、毎年立春の日に向きが変わります。湧水は今でも飲むことができ、病気平癒のご利益があるといわれています。

邪気払いの厄除桃

古来より、中国や陰陽道において、桃は厄除けの果実だと言われてきました。おとぎ話で有名な桃太郎も、このことに由来するものだという説があるのだそう。
本殿横にある桃の像は「厄除桃」と呼ばれ、この桃を撫でることで、自身の中にある厄や邪気、やましい気持ちを払うことできると言われています。

現代でも愛される安倍晴明

現代でも根強いファンがいる安倍晴明。

夢獏良獏さんの小説や、その小説を原作とした映画「陰陽師」が大ヒットしたことにより、一躍注目されるようになりました。また、今年2020年の3月29日には、テレビドラマ版が放映されます!興味がある方はぜひ見てみてはいかがでしょうか?


晴明の活躍を見るなら…『陰陽師』

晴明神社へのアクセス

◆所在地
〒602-8222 京都府京都市上京区晴明町806堀川通一条上ル

地図

◆電話番号 
TEL:075-441-6460

◆交通アクセス

【市バス】
・JR京都駅 9番 一条戻橋・晴明神社前下車 徒歩約2分
・阪急烏丸駅 地下鉄 四条駅12番 一条戻橋・晴明神社前下車 徒歩約2分
・京阪三条駅 1259番 堀川今出川下車 徒歩約2分

【地下鉄】
・今出川駅より徒歩約12分

【タクシー】
・京都駅から約20分

※南隣にコインパーキングあり

◆参拝時間:9:00〜17:30

◆ご祭神:安倍晴明

◆主な祭事:晴明祭

公式サイト:https://www.seimeijinja.jp/

全国の神社・お寺のご利益、効能、おすすめ情報などを見つけてお届けします!

あなたへのおすすめ