節分の時期になると、テレビでよく有名芸能人やスポーツ選手などが神社・お寺で豆まきをしているのを見かけますね。

そもそも『節分』とは何のために行われる儀式なのでしょうか。今回は、節分の意味と、寺社仏閣で行われている節分会・節分祭についてご紹介します。

 

何故、豆をまくの?~『節分』の由来~

本来、節分というのは、季節の変わり目である立春・立夏・立秋・立冬の前日のことをいいました。
とくに立春の前日の節分は旧暦の大晦日にあたる重要な日だったため、いつしか、節分と言えば立春の前日のことをさすようになりました。

 

 

古来より、季節の分かれ目には邪気や厄(鬼)が入りや込みすいと考えられていたため、新しい年を迎える前の邪気祓い清め、一年の無病息災を祈る行事として追儺式(現在の豆まきのこと)が行われてきました。

追儺(ついな)とは鬼やらいとも呼ばれる平安時代から伝わる、悪鬼を払い無病息災を祈るために行われた宮中行事の一つでした。それが武家や寺社に伝わり、やがて庶民にも親しまれるようになったのです。

豆には「魔除けの力」が宿っているとされ、鬼の目に投げつけることで魔を滅することができるといわれています。

 

浅草寺(せんそうじ)

 

東京都内で最も古いお寺・浅草寺は、江戸で初めて節分の行事を大々的に行った場所でもあります。浅草寺の豆まきは「観音さまの前に鬼はいない」という考えから「鬼は外」とは言わず「千秋万歳(せんしゅうばんざい)福は内」と言うのが習わしなのだそう。

例年では、節分会は10時からスタートし、まずはじめに園児たちによる豆まきが行われ、続いて、その年の年男・年女による豆まき、「福聚の舞(七福神の舞)」の奉演が行われ、夕方頃に芸能人たちによる豆まきが始まります。浅草寺の節分会には毎年約1万人の参拝者が訪れます。

ゲストとして登場するのは歌舞伎役者や落語家、タレントなどの有名芸能人。2019年は歌舞伎役者の中村一門が出演したことで話題になりました。

◆浅草寺 所在地
〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目3-1

◆電話番号 03-3842-0181
公式サイト:http://www.senso-ji.jp/

大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)

 

東京都府中市にある大國魂神社は、大國魂大神(おおくにたまのおおかみ)をお祀りしている歴史ある神社。厄除け・厄払いの神様としても有名です。節分会では毎年約2万人の参拝者が訪れるのだそう。

事前に初穂料を納めた人には、一陽来復の御神札や御供物等を納めた「福枡」が授与され、当日に行われる「豆まき式」に参加できます。また、この他に「打出の小槌」や「恵比寿大黒」等の景品が当たる「福引抽籤券」もいただけます。(福引は2月3日に行われます)

豆まき式には例年、特撮ヒーロー俳優、スポーツ選手や力士、ゆるキャラなど様々なゲストが参加します。2020年は「仮面ライダージオウ」の主演俳優・奥野壮さんや、東芝ラグビー部・サントリーラグビー部の方達などが参加予定です。詳しくは公式サイトの特設ページをチェックしてみてくださいね。

◆大國魂神社 所在地
〒183-0023 東京都府中市宮町3-1

◆電話番号 042-362-2130
公式サイト:https://www.ookunitamajinja.or.jp/

日枝神社(ひえじんじゃ)

 

東京・赤坂の日枝神社は、恋愛成就・仕事運・出世運アップなど、様々なご利益で知られる都内でも人気の高い神社。

2019年の節分祭ではは、東京五輪金メダリストの三宅義信さんや女優の真矢ミキさんなどの多数の有名人ゲストが参加し、盛り上がりました。また、日枝神社の節分祭では、一般の方も芸能人ゲストと同じように豆のまき手として参加することができるのも特徴です。奉仕料として15000円(神札、御供物、装束代、直会費等を含む)を納めることで、誰でも参加できるんです。詳しくはこちらの募集ページを参照ください。

◆日枝神社 所在地
〒100-0014 東京都千代田区永田町2-10-5

◆電話番号 03-3581-2471
公式サイト:https://www.hiejinja.net/

成田山新勝寺(なりたさん しんしょうじ)

 

「成田山のお不動さま」として古くから信仰されてきた成田山新勝寺は、平安時代に、戦乱を鎮めるためにと不動明王の御尊像を奉安した地に開山されたお寺。

新勝寺の節分祭では「お不動さまの慈悲の前では邪悪な鬼も屈服し改心してしまう」という理由から、新勝寺「鬼は外」とは言わず「福は内!福は内!」と言います。国土安穏・万民豊楽・五穀豊穣・転禍為福の祈りを込めて行われる「特別追儺豆まき式」では、大豆や落花生の他に「福御守」がまかれます。「福御守」とは、不動明王の持つ剣に似た形から剣守とも呼ばれ、1回につき今年1年分の日数分である365体(2020年は閏年なので366体)まかれます。古くから財布などに入れておくと「福が入る」「財が入る」と言い伝えられています。この「福御守」を手に入れようと毎年多くの参拝者が訪れます。

 

 

今年はゲストに、大河ドラマ「麒麟がくる」で明智光秀役を演じる長谷川博己さんや横綱 白鵬など豪華ゲストが参加するため、さらに混雑が予想されるので、参拝する際は注意しましょう。

◆成田山新勝寺 所在地
〒286-0023 千葉県成田市成田1

◆電話番号 0476-22-2111
公式サイト:https://www.naritasan.or.jp/ 

京都の四方参り(よもまいり)

京都には御所※の鬼門を護る4つの神社があり、節分の日の夜には、この鬼門から鬼(邪気)が出てくるといわれています。
鬼はまず最初に、北東の表鬼門にあたる吉田神社に現れます。吉田神社から追い出されると、鬼は次に南東の八坂神社へ。その次に南西の裏鬼門・壬生寺へとと移動していき、最後には北西の北野天満宮まで追い詰められ、境内の福部社の中に閉じ込められるのだそう。
節分の日にこの4社にお参りをすることを四方参り(よもまいり)と言い、古来より四方参りをすることで、邪気を祓い福を招くといわれてきました。

※御所…歴代天皇が居住し公務を執り行った場所

吉田神社(よしだじんじゃ)

(画像引用元/京都フリー写真素材)

 

平安京の守護神として創建され、導き・厄除け・開運の神様として信仰されてきた神社です。境内には、全国の神々を祀る大元宮や、料理・包丁の神である山蔭神社、お菓子の神である菓祖神社など、様々なご利益をもつお社があります。

そんな吉田神社で行われる節分祭は室町時代から続く一大行事です。例年約50万人の参拝者が訪れ、境内には多くの露店が並びます。

吉田神社の節分祭は、2月3日の当日祭だけでなく、2日には節分前日祭と「疫神祭(やくじんさい)」と呼ばれる疫神=災いをもたらす神を鎮めるためのに祈りを捧げる祭事、そして4日には後日祭があります。また、節分期間中のみ厄除のご利益がある「くちなし色の御神札」が授与されます。

◆吉田神社 所在地
〒606-8311 京都市左京区吉田神楽岡町30

◆電話番号 075-771-3788
公式サイト:http://www.yoshidajinja.com/yuisyo.htm 

八坂神社(やさかじんじゃ)

 

日本三大祭兼、京都三大祭でもある「祇園祭」で有名な、京都の八坂神社は全国にある八坂神社の総本宮です。ご祭神にスサノオノミコトをお祀りしていて、厄除のご利益があるといわれています。

八坂神社の節分祭は、2月2日~3日の2日間に行われます。四花街による舞踊奉納と豆まきが行われ、祭の期間中には、竹串に守札を挟んだ「串札」と呼ばれる特別なお札が授与されます。この串札は一年の災難を払うお守りです。

また、八坂神社内の常磐新殿喫茶室では「厄除けぜんざい」をいただくこともできます。

 

 

◆八坂神社 所在地
〒605-0073 京都市東山区祇園町北側625

◆電話番号 075-561-6155
公式サイト:http://www.yasaka-jinja.or.jp/

壬生寺(みぶでら)

 

新選組ゆかりの寺として有名な壬生寺。壬生寺の厄よけ節分会は、白河天皇の発願によって始められたもので約900年の伝統があり、京都の年中行事の一つにも数えられます。

御本尊である延命地蔵菩薩が願った「庶民の除災招福」を祈り、2月2日~4日の3日間にわたって厄除けの法要が行われます。
節分会中は、厄除け護摩祈祷、星祭などの祭事が行われるほか、重要無形民俗文化財とされる「壬生狂言」の厄除け鬼払いの狂言「節分」が上演されます。

また、期間中に素焼きの炮烙(ほうらく・素焼きのお皿)に、性別と年齢・願い事などを墨書きして奉納することができます。

 

 

◆壬生寺 所在地
〒604-8821 京都府京都市中京区壬生梛ノ宮町31

◆電話番号 075-841-3381
公式サイト:http://www.mibudera.com/

北野天満宮(きたのてんまんぐう)

 

学問の神様こと菅原道真をお祀りする北野天満宮は、四方参りの4つ目の社で鬼を封じる場所です。境内の福部社(ふくべしゃ)に鬼を閉じ込めることで、御祭神である福の神が鬼を退治し福を招くといわれています。

本殿での節分祭の後に、神楽殿にて福の神が鬼を払う様子を描いた「北野追儺狂言(きたのついなきょうげん)」や、舞妓・芸妓による日本舞踊の奉納と豆まきが行われ、災難厄除けのお札やお守りも授与されます。

◆北野天満宮 所在地
〒602-8386 京都府京都市上京区馬喰町

◆電話番号 075-461-0005
公式サイト:http://kitanotenmangu.or.jp/ 

厄を払って福を招き入れよう

2020年の2月3日は月曜日なので例年よりは参拝者は少ないかもしれません。

ですが、芸能人による豆まきの時間などには大混雑が予想されます。参拝予定の寺社の当日のスケジュールは事前にしっかり確認した方がいいでしょう。

また、参拝時にはヒールの高い靴などは避け、なるべく動きやすい格好をしていくのがベストです。防寒対策も忘れずに!

今回ご紹介した節分祭・節分会意外にも、全国各地の寺社仏閣では、豆まき式が行われます。邪気・厄を追い払って福を招き入れるためにも、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

 

⇒厄除のご利益がある寺社仏閣の紹介はこちら!

全国の神社・お寺のご利益、効能、おすすめ情報などを見つけてお届けします!

あなたへのおすすめ