2019年の紅葉シーズンももうすぐですね。
今年は残暑の影響で平年並み~やや遅めの見ごろになるのだそう。

この記事では、京都の紅葉の名所・人気スポットとなっている寺社仏閣をエリア別にご紹介します!

今回ご紹介するのは、洛西・洛中・洛南エリアです!

神護寺(じんごじ)

高雄山中腹にある山岳寺院・神護寺。

古来より紅葉狩りで有名で、京都中でも一足早く紅葉が見られる名所です。広い境内では、いたるところで風情ある景色を楽しむことができます。

おすすめの見どころは、境内の地蔵院の庭から一望できる錦雲峡の絶景。

この谷に向かって素焼きの皿「厄除かわらけ」を投げる「かわらけ投げ」で厄除を祈願することもできます。このかわらけ投げは神護寺が発祥地だといわれています。

所在地
〒616-8292 京都府京都市右京区梅ケ畑高雄町5

電話番号 075-861-1769

拝観時間 9:00~16:00
拝観料 大人 600円/小学生 300円

アクセス 
・JR京都駅から JRバス 山城高雄 下車 徒歩20分

例年の見頃 11月中旬~下旬
公式サイト http://www.jingoji.or.jp/ 

天龍寺(てんりゅうじ)

嵐山駅のすぐそばにある天龍寺は、嵐山観光名所の一つ。

嵐山の景色と、世界文化遺産にも登録されている曹源池庭園、そして真っ赤なカエデが織りなす絶景。池の水面に映り込む色とりどりの紅葉も美しく、見ごたえのある紅葉スポットです。

天龍寺の紅葉の楽しみ方としておすすめなのは、早朝の参拝。人気の観光スポットでもあるため、昼間はかなり混雑していますが、朝一なら参拝者も少ないためゆっくり庭園を満喫することができます。朝日に照らされて輝く紅葉は、日中とはまた一味違う美しさを見せてくれます。

所在地
〒616-8385 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68

電話番号 075-881-1235

拝観時間 8:30~17:30(10/21~3/20は17:00まで)
法堂「雲龍図」 9:00~17:00(10/21~3/20は16:00まで)
※土日祝のみの公開、春秋の特別参拝期間中は毎日公開

拝観料 大人 500円/小中学生 300円
・諸堂…庭園参拝料に300円追加
※行事等により諸堂参拝休止日あり
・法堂「雲龍図」特別公開 1人500円

アクセス 

・京福電鉄嵐山線 嵐山駅 下車すぐ
・JR嵯峨野線 嵯峨嵐山駅 下車 徒歩13分
・阪急電車 嵐山駅 下車 徒歩15分

例年の見頃 11月中旬~12月上旬
公式サイト http://www.tenryuji.com/

仁和寺(にんなじ)

「古都京都の文化財」として世界遺産にも登録されている仁和寺。

春の御室桜でも有名ですが、紅葉の名所でもあります。国宝の金堂や、重要文化財の五重塔などの古都を代表する建物と紅葉が織りなす風情ある錦秋の景色が楽しめます。庭園越しに望む五重塔と紅葉も絵画のような美しさですね。

また今年は「仁和寺の風景を未来に残すプロジェクト」もみじライトアップが開催されるそうです。

開催期間は10月26日(土)〜12月8日(日)まで。なお11月30日〜12月1日の3日間はライトアップはお休みなので、ご注意くださいね。

所在地
〒616-8092 京都府京都市右京区御室大内33

電話番号 075-461-1155

拝観時間 9:00~17:00 ※12月~2月は16:30まで
(ライトアップ 18:00〜21:30 ※17:30受付開始、20:30受付終了)

拝観料 大人・高校生/500円 中学生以下/300円
ライトアップ拝観料 大人/2000円 高校生以下/500円
※障害者手帳をお持ちの方は本人のみ無料
(拝観料の一部が文化財保護に充当されます)

アクセス 
・JR花園駅 下車 徒歩20分(タクシー7分)
・京都駅発市バス 約40分
・御室仁和寺駅 下車 徒歩2分

例年の見頃 11月中旬~12月上旬
公式サイト http://www.ninnaji.jp/ 

北野天満宮(きたのてんまんぐう)

天神信仰発祥の地であり、京都でも人気の紅葉スポットである北野天満宮。

秋に色づくもみじは、ご祭神である菅原道真公が愛した梅の木と同様ご縁のある木です。

境内西側には、天正19年(1591)に豊臣秀吉が洛中洛外の境界と水防を兼ねて築いたとされる土塁「御土居」の一部が残っています。この史跡御土居の「もみじ苑」には約350本の樹木が植えられており、四季折々の豊かな自然を楽しむことができます。

御土居沿いの紙屋川の水面に映る美しく色づいた紅葉も見どころの一つですね。

今年2019年の史跡御土居もみじ苑の公開日程は、10月25日(金)~12月8日(日)まで。ライトアップ期間は、11月9日(土)~12月8日(日)までとなっています。

所在地
〒602-8386 京都府京都市上京区馬喰町

電話番号 075-461-0005

拝観時間 5:30~17:30 ※4月~9月は5:00~18:00
(ライトアップ 日没〜20:00まで)

もみじ苑 開苑時間 9:00~16:00
もみじ苑 入苑料 大人/1000円 高校生以下/500円(茶菓子付き)

アクセス 
・京福電車白梅町駅 下車 徒歩5分
・市バス 北野天満宮前 下車すぐ

例年の見頃 11月中旬~12月上旬
公式サイト http://kitanotenmangu.or.jp/ 

東福寺(とうふくじ)

通天橋(つうてんきょう)・臥雲橋(がうんきょう)の回廊から一望できる紅葉の海が作り出す絶景が人気の東福寺。

シーズン中には洗玉澗(せんぎょくかん)というカエデの雲海と、鮮やかな渓谷美を堪能できます。中国の宋から持ってきたとされる、葉先が3つに分かれている通天紅葉が見られることでも有名です。

通天橋は一番高い場所にある回廊で、その中央部にある「張り出し舞台」から眺める紅葉はおすすめですよ。また、臥雲橋からは洗玉澗の渓谷越しに、通天橋を眺めることができます。

かなり人気なスポットの為、紅葉期間中の混雑時には、通天橋・臥雲橋での写真撮影が禁止となる場合があるので、写真を撮影したい人は事前に公式サイトなどをチェックしておきましょう。混雑を避けるなら、朝早くの拝観がおすすめです。

所在地
〒605-0981 京都府京都市東山区本町15丁目778

電話番号 075-561-0087

拝観時間 9:00~16:00
11月~12月第一日曜まで 8:30~16:00 
12月 第一日曜日~3月末 9:00~15:30

拝観料 境内は無料
・通天橋 開山堂 400円
・本坊庭園 400円

アクセス 
・JR奈良線/京阪本線 東福寺駅 下車 徒歩10分
・京阪本線 鳥羽街道駅 下車 徒歩8分

例年の見頃 11月中旬~12月上旬
公式サイト http://www.tofukuji.jp/ 

醍醐寺(だいごじ)

200万坪におよぶ広大な境内に金堂、五重塔、薬師堂などの多くの歴史的建造物が立ち並ぶ、京都市内最大の寺院である醍醐寺。醍醐山全体が寺域になっています。

とくにおすすめなのが豊臣秀吉が設計した三宝院庭園。秀吉は「醍醐の花見」のあと、秋の「醍醐の紅葉狩り」をとても楽しみにしていたそうなのですが、その年の夏、62歳で生涯を閉じました。参拝した際は、秀吉が果たせなかった紅葉狩りを楽しみましょう。

また、弁天道付近の紅葉も見どころのひとつでしょう。水面に映し出される紅葉も美しいですね。シーズン中には秋期夜間拝観が実施され、光に照らし出された幽玄な雰囲気の境内と紅葉の織りなす絶景を堪能することができます。

所在地
〒601-1325 京都府京都市伏見区醍醐東大路町22

電話番号 075-571-0002

拝観時間  9:00~17:00
12月第1日曜日の翌日〜2月まで 9:00~16:30

拝観料
・三宝院・霊宝館・伽藍(3箇所共通券)
【春期(3/20~5/15)と秋期(10/15~12/10)】
大人/1500円 中高生/1000円 小学生以下/無料
【それ以外の期間中】
大人/800円 中高生/600円 小学生以下/無料
・上醍醐入山料
大人/600円 中高生/400円 小学生以下/無料
※3箇所共通券をお持ちの場合100円引き

アクセス 
・地下鉄東西線 醍醐駅 下車 徒歩10分 
・JR京都駅から京阪バス 醍醐寺 バス停 下車すぐ
・JR京阪山科駅/六地蔵駅からバス 醍醐寺前 バス停 下車すぐ

例年の見頃 11月中旬~12月上旬
公式サイト https://www.daigoji.or.jp/ 

東寺(とうじ)

京都のシンボルともいえる五重塔のある東寺(教王護国寺)。

国宝である五重塔の周りを赤く彩る紅葉が美しいスポット。境内の様々な角度から五重塔と紅葉のコラボレーションを楽しむことができます。瓢箪池に映り込む五重塔と紅葉や水面に浮かぶ落ち葉も美しいですね。

シーズン中には紅葉ライトアップと金堂・講堂夜間特別拝観も行われます。今年の夜間特別拝観は、10月26日(土)〜12月8日(日)まで。

また、宝物館の特別展「東寺御影堂と弘法大師信仰–祈りの美–」も9月20日(金)から開催中です。貴重な宝物を見ることができる絶好の機会となっています。この特別展は11月25日(月)までの開催です。

所在地
〒601-8473 京都府京都市南区九条町1

電話番号 075-691-3325

拝観時間 5:00~17:00
・金堂/講堂 8:00~17:00
・宝物館/観智院 9:00~17:00
・夜間特別拝観 18:30~21:30

拝観料 境内無料
・金堂/講堂 500円
・宝物館(春秋公開)500円

アクセス 
・JR京都駅 下車 徒歩15分

例年の見頃 11月中旬~12月上旬
公式サイト https://toji.or.jp/ 

まとめ

いかがでしたか?ご紹介したスポットは、京都紅葉の名所として人気が高いスポット。見頃のシーズンは大混雑が予想されるでしょう。混雑を避けたいなら、朝早くに参拝するのがおすすめです。夜間拝観が行われるところは、ピーク時には行列ができてしまうこともあるので、時間に余裕をもって出かけた方がいいですね。

参拝する際は、お出かけ前に混雑状況をよく確認しておきましょう。

全国の神社・お寺のご利益、効能、おすすめ情報などを見つけてお届けします!

あなたへのおすすめ