12月12日の「漢字の日」に清水寺で発表される『今年の漢字』。

日本漢字能力検定協会が、その年をイメージする漢字を募集し、その中で最も応募数の多かった一字が「その一年の世相を表す漢字」として清水寺で発表する、毎年恒例の年末イベントのひとつですね。

2019年はどの漢字が選ばれるのでしょうか?

 

今回、神社お寺編集部は、去年の漢字を的中させた姉妹サイト「コイゴコロ」の編集部に協力を得て、AIシステムを活用して2019年の「今年の漢字」を予想してみました!

◇関連記事◇

AIシステムで予測!「今年の漢字」

2018年の漢字予測の結果はこちらです。

引用元/「予想注目度は99.8%!AI活用システムで「今年の漢字」を的中」コイゴコロより

 

このシステムは、世相を表すニュース・頻出キーワード・漢字・単語などを計算して、注目度の高い漢字を予測しているのです。今年は約700文字の候補まで絞り込み、最終的にその中から「今年の漢字」に選ばれる確率が高いと予測した漢字ベスト10を選出しました。

去年は『災』という、あまり縁起がよくない漢字でしたが、2019年は一体どの漢字が選ばれるのでしょうか?それでは、予想結果をランキング形式で発表していきましょう!

◇関連リンク◇
予想注目度は99.8%!AI活用システムで「今年の漢字」を的中|コイゴコロ
【2020年上半期の総合運】激動?平穏?あなたの運勢をズバリ的中!無料占い|カナウ

漢字で振り返る2019年…10~4位の予測結果は?

10位…注目度 36.4%

第10位は、新元号「令和」の「和」ですね。
今年は5月に元号が平成から令和に改元される大きな節目の年でもありました。

8位…注目度 40.3%

続いては同着ランクインした「薬」と「水」の二文字。

違法薬物所持で有名芸能人の逮捕者が相次ぎ、大きな話題になりました。

また、9月に台風15号が関東を直撃、その一ヶ月後の10月には台風19号が日本に上陸し記録的大水害を引き起こしました。「水」にまつわる嫌なニュースの印象が強い一方で、7月の世界水泳選手権では日本人選手がメダル6個の快挙を達成するという良いニュースもありました。

7位…注目度 51.1%

2019年は「火」にまつわる事件も話題になりましたね。4月にフランスのノートルダム寺院での火災、10月末には火災により沖縄の首里城が焼失。また7月には、京都アニメーション放火事件が発生、多くの被害者が出てしまう痛ましい事件でしたね…。

6位…注目度 52.4%

6位にランクインしたのは「嘘」。東京五輪の招致活動を巡る不正疑惑や吉本興業の闇営業問題など、政治や企業の偽装・疑惑・虚偽などの嘘に注目が集まりました。

5位…注目度 64.6%

5月1日に元号が平成から令和へと改変、10月から消費税率が8%から10%に変更・軽減税率の導入など、生活に関わることで大きな「変」化のあった年でもありました。

また、2024年度をめどに紙幣デザインが変更されることが発表されました。紙幣のデザインが変更されるのは20年ぶりで、一万円札は渋沢栄一・五千円札は津田梅子・千円札は北里柴三郎に変更されます。

4位…注目度 72.9%

「桜」といえば、秋に開催された日本ラグビーW杯の日本代表のエンブレムの満開の桜!今大会では日本が史上初の世界8強入りを果たし大いに盛り上がりましたね。

また、政府が毎年恒例の「桜を見る会」を来年度は中止にすると決定し、話題になっていますね。

 

第3位の漢字は…

…注目度 77.4%

「嵐」と言えば、今年2月に国民的アイドルグループ・嵐が、2020年12月31日をもって活動休止することをファンクラブサイトで発表し、話題となりましたね。

また、11月には嵐のメンバーのひとり、二宮和也さんが一般女性との結婚を発表!以前からファンの間では、彼女の存在は噂されていたそうなのですが、突然の結婚発表のショックにより多くのファンが「ニノロス」に陥り、大きな反響を呼びました。


神席祈願のご利益!車折神社でご祈祷
『タワレコ推し活お守り』購入はこちら

 

第2位の漢字は…

…注目度 92.8%

令和の「令」ですね。令和という言葉は万葉集「梅花の歌」を典拠としており、序文の「初春の令月にして、気淑(よ)く風和(やわら)ぎ、梅は鏡前の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香を薫らす」の中から一文字ずつ取って「令和」としたのだそう。

また、改元に併せて入籍をする令和婚が流行しました。厚生労働省のデータによると5月の一ヶ月間の婚姻件数は、去年の2倍近い約9万3000件以上、東京都内23区では5月1日だけで約6000件もの婚姻届けが提出されました。

 

第1位の漢字は…

2019年の漢字に選ばれる確率が高い漢字はズバリ……

予測結果第1位は…注目度 99.8%

2019年は元号が平成から新元号の令和へと改元され、新天皇が即位する歴史的な節目の年でした。そのため新元号の「新」という漢字に注目が集まったようですね。

また、20年ぶりに紙幣のデザインが一新されることが発表されたり、消費税率の引き上げと共に軽減税率という新しい制度が導入されたりもしました。

まさに令和という新時代の幕開けとなった2019年を表すのにぴったりな一文字ですね。

 

2019年を振り返って…

振り返ってみると2019年もいろいろなことがありましたね。今年選ばれるのはどの漢字でしょうか。果たして編集部の予想は的中するのか?!発表日の12月12日が楽しみですね!

みなさんは「今年の漢字」を選ぶなら、どの漢字を選びますか?今年は良い年だったという人もいれば、あまり良い年ではなかった…という人もいるでしょう。

みなさんにとって2020年が良い一年となるようお祈りいいたします!

 

◇関連リンク◇
【無料占い】あなたの2020年上半期の運勢は?|カナウ
AIであなたの人生を応援!無料心理テストが250種以上|コイゴコロ

全国の神社・お寺のご利益、効能、おすすめ情報などを見つけてお届けします!

あなたへのおすすめ