2019年も残りわずか。クリスマスを過ぎてしまえば、あっという間にお正月がやってきますね。

お正月と言えば、初詣。初詣は、昨年の感謝をささげ、新しい一年の平穏と無事を祈願するための大切な行事です。

今回は、全国各地の初詣人気スポットである寺社をご紹介します!

東京/明治神宮(めいじじんぐう)

東京都渋谷区にある明治神宮は、第122代天皇の明治天皇と昭憲皇太后の御神霊をお祀りするために創建された神社です。

明治神宮の参拝者数は元旦から正月三が日にかけて、毎年約300万人以上。日本で一番初詣の参拝者数が多い神社なんです!そのため非常に混雑するため、待ち時間は2~3時間なんてことも…。

混雑のピークは大晦日から新年が明けるタイミングである午前0時過ぎ
元旦は深夜0時から19時まで参拝できるため、深夜0時~2時くらいの時間帯はかなり混雑しているのだそうです。

もし元旦の初詣を狙うなら、落ち着き始める早朝4時以降がおすすめでしょう。
もしくは三が日を避けて、1月4日に参拝するのもいいですね。ピーク期間に比べれば混雑は比較的落ち着きますが、早朝に行くとスムーズに参拝できるでしょう。

もう一つ気を付けてほしいのが入口。明治神宮には入り口が3ヶ所あるのですが、その中でも南側の入り口原宿駅側からだと大変混み合うので注意しましょう。

◆ 初詣の日程

  • 大晦日 6:40~0:00
  • 元日 0:00~19:00
  • 2~3日 6:40~18:30
  • 4日 6:40~18:00

※年越しは閉門致しません。

◆ 明治神宮 所在地
〒151-8557 東京都渋谷区代々木神園町1-1

◆ 公式サイト http://www.meijijingu.or.jp/

神奈川/川崎大師 平間寺(かわさきだいし へいげんじ)

古くから「厄除けのお大師さま」と人々から親しまれてきた川崎大師は神奈川県にあるお寺です。
厄除のご利益で有名なことから、大変人気のあるお寺であるため、三が日には毎年300万人の参拝者が訪れます。

混雑のピークは大晦日の22時~元日の深夜2時あたり。この時間になると大本堂へ入るまで3時間以上かかることもあるようです。また、三が日の11時からお昼過ぎ頃も非常に混みあいます。

混雑を避けるなら、早朝6時に参拝するか、混雑が落ち着いてくる15時以降~夕方を狙うとよいでしょう。ピーク時間を避けても人気のお寺なので、時間に余裕をもって参拝しましょう。また、川崎大師自体は終日参拝できるのですが、メインである大本堂は参拝時間が決まっているので、注意しましょう。

◆ 初詣日程

  • 大晦日 6:00~元日 20:30
  • 2~3日 6:00~19:30
  • 4~7日 6:00~18:30

◆ 川崎大師 所在地
〒210-0816 神奈川県川崎市川崎区大師町4-48

◆ 公式サイト http://www.kawasakidaishi.com/

千葉/成田山新勝寺(なりたさん しんしょうじ)

成田空港の近くにある厄除けで有名な成田山新勝寺。「成田のお不動さま」とも呼ばれる真言宗智山派の大本山です。

都心からは少し離れた場所にありますが、このお寺も三が日には300万人ほどの参拝者が訪れます。境内と参道には、多くの屋台も出店され大いに賑わいます。とくにうなぎの屋台が有名なのだとか。この屋台は三が日を過ぎても1月末まで営業しているそうです。

混雑のピークは大晦日の23時頃~元日の深夜2時と、元日の9時からお昼過ぎ辺り。混雑を避けるなら、元日の深夜3時~早朝、三が日は早朝か夕方~夜あたりの時間がねらい目でしょう。

また、成田山新勝寺には駐車場もありますが、年明けから三が日はすぐに満車になってしまいます。周辺道路も交通規制されるので、電車でのアクセスがおすすめです。JRと京成電鉄で大晦日の夜から初詣臨時列車運行が行われ、終夜電車が使えるので、時間を気にせず参拝できますよ。

◆ 初詣日程

  • 大晦日 5:30~元日 21:00
  • 2~3日 5:30~20:00

◆ 成田山新勝寺 所在地
〒286-0023 千葉県成田市成田1

◆ 公式サイト https://www.naritasan.or.jp/

編集部おすすめの一冊
『御朱印でめぐる関東の神社 週末開運さんぽ』

埼玉/武蔵一宮氷川神社(むさしいちのみやひかわじんじゃ)

東京・埼玉を中心に鎮座している氷川神社の総本山である武蔵一宮氷川神社。2400年前に創建された歴史ある神社で、縁結びのパワースポットとしても人気のある神社です。初詣には例年約210万人の参拝者が訪れ、混雑時には参拝するのに2時間ほどかかることも。三が日には歳旦祭・日供始祭(にっくはじめしき)・元始祭などの行事が執り行われるため大変混雑します。

初詣期間中は参道に多くの屋台が並びます。お店にも寄りますが営業時間は早朝から21~22時くらいまで。三が日を過ぎると撤収するお店も多いので屋台巡りを楽しみたい方は三が日の間に行くことをおすすめします。

混雑のピークは、大晦日の23時~元日の深夜2時ごろ三が日の10時~夕方あたりの時間帯です。元日に参拝するなら早朝4時~8時、2日・3日は早朝か夜18時以降なら比較的スムーズに参拝できるでしょう。

初詣期間中は、氷川神社の駐車場は利用できなくなるので注意しましょう。

◆ 初詣日程

  • 大晦日 6:00~元日 22:30
  • 2~3日 6:00~21:30

◆ 武蔵一宮氷川神社 所在地
〒330-0803 埼玉県さいたま市大宮区高鼻町1-407

◆ 公式サイト http://musashiichinomiya-hikawa.or.jp/

京都/伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)

全国に約3万社以上ある稲荷神社の総本山である、京都・伏見稲荷大社。千本鳥居と商売繁盛のご利益で有名で、普段から多くの参拝者は訪れる伏見稲荷大社ですが、初詣の三が日には例年、約250万人の参拝者が訪れます。

初詣期間中には裏参道にたくさんの屋台が並びます。中でも有名なのが、お稲荷様にちなんだ狐グッズのお店と、伏見稲荷大社の名物であるすずめ・うずらの丸焼き。古くから五穀豊穣のの神様をお祀りしていることから、五穀を食い荒らすすずめを退治するという意味があり、古くから初詣に食べられてきたのだそうです。

大晦日から1月5日に行われる大山祭までの期間中は大変混雑します。とくに大晦日の15時から始まる大祓式と、年越しの時間帯は非常に混みあっていて、参拝するだけでも1~2時間かかるのだとか。
元日早朝6時には歳旦祭が執り行われるので、元日は早朝から夜20時ごろまで、多少の波はあるものの、ほぼ丸一日混んでいる状態のようです。1月2日・3日の混雑のピークは10時~15時あたり。

混雑を避けるなら、1月2日・3日の早朝か、三が日を避けて参拝した方がいいでしょう。また、三が日は周辺道路が交通規制されるので、公共機関で行くのがおすすめです。

◆ 初詣日程

  • 終日参拝可
  • 授与所の開所時間は以下の通り
    大晦日 7:00~終日
    元日~2日 24時間
    3日 0:00~22:00

◆ 伏見稲荷大社 所在地
〒612-0882 京都府京都市伏見区深草藪之内町68

◆ 公式サイト http://inari.jp/


編集部おすすめの一冊
『京都お守りめぐり 』

大阪/住吉大社(すみよしたいしゃ)

大阪・住吉大社は、全国2000社以上ある住吉神社の総本社。「すみよっさん」の愛称で親しまれ、古くから祓の神(はらえのかみ)、航海安全の神として信仰されてきました。三が日には約200万人の参拝者が訪れます。

元旦には若水の儀、3日は元始祭、1月4日には五穀豊穣を祈願する踏歌神事(とうかしんじ)、7日には邪気を祓う白馬神事(あおうましんじ)など多くの行事が執り行われます。7日の白馬神事では、当日のみ限定でご朱印や竹駒守というお守りが授与されますよ。

混雑のピークは年が明ける元日の0時~2時と、三が日の10時~お昼過ぎの時間帯。
元日の早朝5時からは、若水の儀と元旦祭が執り行われるので、元日に初詣に行きたい方は早朝4時あたりがねらい目です。ピーク時を過ぎた夕方~夜あたりは比較的混雑が落ち着いているようです。

初詣の期間中は、周辺道路で交通規制がかかり、住吉大社の駐車場も利用できなくなるので、公共機関を利用した方が良いでしょう。

◆ 初詣日程

  • 大晦日 22:00~元日 22:00
  • 2~3日 6:00~21:00
  • 4~5日 6:00~18:00
  • 6日 6:00~17:00
  • 7日 6:30~17:00

◆ 住吉大社 所在地
〒558-0045 大阪府大阪市住吉区住吉2丁目9-89

◆ 公式サイト http://www.sumiyoshitaisha.net/

愛知/熱田神宮(あつたじんぐう)

三種の神器の1つである草薙剣(くさなぎのつるぎ)をお祀りしていることで有名な熱田神宮。古くから「熱田さん」の愛称で親しまれるパワースポットで、初詣には毎年200万人以上の参拝者が訪れます。

大晦日の夕方から人が増えてきて、11時から元旦の深夜3時には大混雑となります。元日は早朝5時からは歳旦祭が行われるので、元日は朝から夕方にかけて混みあっています。混雑を避けるのなら、元日は早朝4時あたりの時間帯がねらい目でしょう。

2日以降の混雑ピークは10時~17時あたり。17時以降は比較的混雑が落ち着き始めます。2日・3日に参拝するなら、早朝か17時以降が良いでしょう。

また、4日以降は三が日に比べれば落ち着いているので、三が日を避けて4日に参拝するのもおすすめです。
しかし、4日は23時から翌日5日にかけて初えびすという、商売繁盛・家内安全・漁業豊漁を祈願するお祭りが執り行われるため混雑が予想されますので注意しましょう。

初詣の期間中は、周辺道路で交通規制がかかり、熱田神宮の駐車場も1月5日まで閉鎖されてしまうので、参拝の際は公共機関を利用した方が良いでしょう。
熱田神宮には、東門・西門・南門の3ヶ所の入り口がありますが、東門が一番混みあうそうなので避けた方が良いですね。

◆ 初詣日程

  • 終日参拝可
    授与所も大晦日から5日まで夜間も対応

◆ 熱田神宮 所在地
〒456-8585 愛知県名古屋市熱田区神宮1丁目1-1

◆ 公式サイト https://www.atsutajingu.or.jp/

福岡/太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう)

太宰府天満宮は、学問・至誠・厄除けの神様である菅原道真公をお祀りする、全国に数多くある天満宮の総本社です。初詣には例年、200万人の参拝者が訪れます。学問の神様であるため合格祈願のお守りも多数取り扱いがあります。また、太宰府天満宮名物の梅ヶ枝餅の屋台も多く出店されます。

1月4日には宮大工の仕事始めの神事・斧始祭、7日には木彫りの小鳥を交換し一年間の幸福を祈願する鷽替え神事(うそかえしんじ)と、その年の災難消除や開運招福を祈願する鬼すべ神事など様々な儀式が執り行われます。

混雑のピークは大晦日の22時~元日の深夜3時と、三が日の9~15時あたりの時間帯です。三が日中に参拝したい人は、ピーク時より比較的混雑が落ち着いている早朝~7時の時間帯、もしくは夕方以降がねらい目でしょう。1月4日以降も、三が日に比べればかなり落ち着きますが、それでも結構混み合いますので、混雑を避けたい方は朝早くか夕方に行くことをおすすめします。

周辺道路も大混雑の為交通規制がかかります。できるだけ公共機関を利用した方がいいですね。しかし、空港からの直行バスは三が日は運休になるそうなので、参拝する際は事前に交通情報をよく確認してから向かいましょう。

◆ 初詣日程

  • 大晦日 6:30~1月3日 18:30
    正月三が日は24時間開門

◆ 太宰府天満宮 所在地
〒818-0117 福岡県太宰府市宰府4丁目7-1

◆ 公式サイト https://www.dazaifutenmangu.or.jp/

まとめ

有名な寺社となると、初詣時はどこも大混雑します。しかし、大きな寺社では境内に屋台が出店されたりと大いに賑わうので、その空気を楽しむのも初詣の醍醐味でしょう。

多少の差はありますが大混雑のピークの時間帯は、
大晦日の22時から元日の深夜2時、元日・三が日の9時~14時ごろ

比較的混雑が落ち着く時間帯は、
元日・三が日の早朝か夕方~夜ごろ

三が日を過ぎた1月4日以降なら、ピーク時に比べればスムーズに参拝できるでしょう。それでも人気寺社には多くの方が訪れるため、参拝にはかなり時間がかかる可能性もあります。時間に余裕をもって参拝しましょう。

初詣時は駐車場がすぐに満車になってしまったり、駐車場自体を閉鎖してしまう寺社もあります。人気の初詣スポット周辺道路に交通規制がかかってしまう箇所も多いため、渋滞に巻き込まれて新年早々イライラする羽目に…なんて事態を避けるためにも、できるだけ公共機関を使うようにした方がいいですね。

また、深夜~早朝の時間帯はかなり冷え込みますので、防寒対策はしっかりと!せっかく初詣に行ったのに風邪をひいて、正月休みに寝込んでしまった…なんて残念なことにならないように注意です。

なお、この記事に掲載している参拝時間は、状況により変更される場合もあります。お出かけ前には事前に各寺社の公式サイトや交通情報をよくチェックしてくださいね!

来年が皆様にとって素敵な一年になることをお祈りいたします!


編集部おすすめの一冊
『「あなた担当の神様」のみつけかた 』

全国の神社・お寺のご利益、効能、おすすめ情報などを見つけてお届けします!

あなたへのおすすめ