画像提供/富士川碧砂さま

神奈川・三崎港の近くのパワースポット・海南神社
人気占い師・富士川先生もおすすめしているこの海南神社は、主に勝負運病気平癒のご利益が強力なのだそうです!

海南神社には、藤原資盈公(ふじわらのすけみつこう)、資盈公の后である盈渡姫(みつわたりひめ)、筌龍弁財天(せんりゅうべんざいてん)など、多くのご祭神がお祀りされています。

そのため、絵馬の種類も豊富なんですね!

筌龍弁財天は神奈川県三浦市内の七福神めぐり「三浦七福神」の一つとされています。

 

今回はそんな海南神社の見どころ・ご利益についてご紹介していきます!

パワースポット・源頼朝公が植えたご神木

この海南神社は元々、平安時代に現在の三浦半島の地を本拠地としていた武家・三浦家の祈願所で、源平合戦の際に『神事狐合』という神事を行った場所です。

神事狐合というのは、紅白の狐を戦わせ、戦の勝敗を占うものです。その占いの結果を神様の意思とし、源頼朝に加担することにしたのだそうです。

境内には源頼朝お手植えの、雄雌のご神木があり、このご神木に一番大きなパワーを感じます。

乳房のように枝が垂れ下がった、 雌株のイチョウ。そして、龍神社にかかる枝が、龍神さまのお姿をしている、雄株のイチョウ。
龍神さまが宿っていることを、感じていただけると思います。

(富士川先生のブログより引用)

雌株のイチョウ

雄株のイチョウ

病気平癒のご利益がある白馬と境内社

境内の神馬社(しんめしゃ)にお祀りされている白馬の人形。
その昔、ここのご神馬が逃げ出した際、疫病が流行り、白馬を奉納するとその疫病がおさまった、という言い伝えが残されています。

脚気病気平癒に御利益があるそうです。今は、脚気という病気を知らない方もいるかもしれませんね。そのほか境内にある御霊神社は、目の病気に効くご利益がありますよ。

(富士川先生のブログより引用)

また、同じく境内にある疱瘡神社(ほうそうじんじゃ)も病気平癒のご利益があり、ご祭神の源為朝は「疱瘡の神様」とも呼ばれています。

何故、源為朝が「疱瘡の神様」になったのかというと、その昔、疱瘡(天然痘)が流行った際に、為朝がいた伊豆大島では一人の患者も出なかった事から『為朝が疱瘡をよせつけないのだろう』という迷信が広まったことが理由だと言われています。痲疹(はしか)の神様としても信仰されているようです。

海の力を感じるお守り

先生がオススメする海南神社のお守りがこちら!いかにも海の力を感じるデザインのお守りですね。

受験勝負事に!

ただし、ここは相撲の勝負にはおすすめ出来ません。藤原資盈公は相撲嫌いなのだそうです。

(富士川先生のブログより引用)

 

海南神社にお参りしよう!

いかがでしたか?

海南神社では7種類の御朱印を頂くこともできます。また、マグロで有名な三崎港が近いので、神社周辺では美味しいご当地グルメも堪能できちゃいますよ!

古い歴史と、海の力を感じるパワースポット。ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

(富士川先生のブログより引用)

◆富士川碧砂先生の占いを体験するならこちら!

◆富士川先生関連記事

全国の神社・お寺のご利益、効能、おすすめ情報などを見つけてお届けします!

あなたへのおすすめ