冬の折り返し地点である冬至も過ぎ、2020年もあとわずかとなりましたが、皆様は今回の年末年始をどのように過ごされるでしょうか?
それぞれの地域で新型コロナウイルス感染症の患者数がじわじわと増え続ける中、帰省を諦めざるを得なかった方や、恒例の旅行を中止した方も多いと耳にします。

ただでさえ気持ちが滅入りがちだったこの一年……。せめて、やってくるお正月くらいは、明るい気持ちで迎えたいものですよね。
おめでたいお正月の過ごし方と言えば、やっぱり「初詣」を思い浮かべる方が多いことでしょう。
ただ、2021年のお正月はなんとなく自粛ムードが漂っていて、「初詣にも出かけてはいけないんじゃないか」と、暗い気持ちになりそうです。

しかし、このコロナ禍だからこそ、私たちには神様にお祈りしたいことがたくさんあるのではないでしょうか。
今回は、コロナ禍真っ只中のお正月をどのように過ごせばよいのか、安心安全な「初詣」について考えてみたいと思います。

——神社を愛するあまり巫女になり、神道の魅力を皆様にもお伝えしている巫女ライターが、コロナに揺れる世の中で、心も体も健やかに明るくお正月を迎えるための方法をご提案します。

 

目次

  • 今年の初詣は神社に出掛けても大丈夫?
  • 神社の考える感染拡大防止策とは?
  • 分散参拝のお願いについて
  • 今年は「ゆったり参拝」で神様にたくさんお祈りを!

 

今年の初詣は神社に出掛けても大丈夫?

 

 

 

 

「初詣」とは、一年の始まりに神様にご挨拶をして、新たな年の幸せを祈る日本人の心に根付く素敵な文化――。
お正月の三が日には、どちらの神社にも非常に多くの方が足を運びます。

「初詣に出かけないと、一年が明るく始まる気がしない!」と、元旦から気合を入れて参拝の長い列に並ばれる方も多いのですが、コロナ禍では「人の集まる場所」に大なり小なりリスクが生じてしまうもの。

神社は元々、その多くが屋外で自然の中に存在していますから、いわゆる「3密(密集・密接・密閉)」の条件が揃いにくい場所ではあります。
しかし、多くの方が一斉に神社に集まる例年の「初詣」期間は、人が集中してどうしても混雑や行列が予想されます。
「本当に神社に足を運んで大丈夫だろうか?」と、それぞれ不安な気持ちもあることでしょう。

 

 

神社の考える感染拡大防止策とは?

 

 

 

 

そこで、各神社ではお正月を迎えるにあたり、状況に応じてさまざまな感染拡大防止のための対策を練っています。
いくつか挙げるとするなら、下記のような事例が……。

  • 職員のマスク着用対応と、参拝者のマスク着用義務付け
  • 飛沫防止用シートの設置
  • 不特定多数が触れる、柄杓や鈴尾の撤去
  • 授与所などに手指用の消毒液を設置
  • 境内への入場規制や間隔を空けた参拝の案内
  • 職員と参拝者に対する、検温の実施
  • 御朱印の書入れを中止し、書き置きのみでの頒布
  • 不特定多数がやむなく触れる場所や物の、定期的な消毒
  • 本殿での御祈祷における、密集の回避
  • 12月から、縁起物などの頒布を開始

 

 

 

 

神社本庁サイト:https://www.jinjahoncho.or.jp/3962

 

おめでたいお正月に、神社という神聖な場所で、誰もがウイルスを移すことも移されることもないようにしたいですからね。
神社の職員たちも、ご参拝の皆様にご協力をいただきながら、できるだけの対策をしなくてはならないと心しています。

これまでとは勝手の違ったシステムや流れが生まれたことで、きっとご面倒もご不便も多くなるかと思います。
しかしこれらは、誰もが安心して神様に祈るひとときを持ち、健やかに一年のスタートを切ることができるようにするための「助け合い」でありますことを、ご理解いただければ幸いです。

 

 

分散参拝のお願いについて

 

 

 

 

もちろん、これだけの対策を講じていたとしても、移動時も含めて「初詣」に出かけたことによる感染のリスクを100%回避できるわけではありません。
そこで、多くの神社では参拝者の皆様に「分散参拝」を呼びかけています。
これは例年であれば神社が最も混み合う12月31日深夜から元旦、三が日や周辺の土日を特に避け、境内における「3密」をできるだけ回避していただくお願いです。

 

「初詣」のイメージは、少なくとも1月1日から7日あたりまでに済ませるものという先入観がありますよね。
しかし、今年のような状況においては特に、このような捉え方をしていただくことをおすすめします。
明治時代より以前、日本は旧暦(陰暦)と言って、現代の新暦(太陽暦)ではない暦を利用していました。

 

 

 

 

旧暦におけるお正月とは「立春」――すなわち「春」の始まりを指していて、だから私たちはお正月に「迎春」や「初春」という言葉を用いるのです。
そして「節分」には豆まきをして鬼(災厄の象徴)を追い払うならわしがありますが、あれも言わば「年末」に悪いものを追い払い、素敵な新しい年を迎えるための行事なのですね。

旧暦の場合は、毎年少しずつ日にちが変化するのですが、2021年の立春は2月5日になっています。(※新暦における立春は固定で2月4日)
そのため「初詣」は、2021年2月5日(2月4日)を「お正月」と捉えていただいて、ゆっくりとお日和を選んでいただいても、まったくおかしなことではないのです。

できる限り感染のリスクを減らしていただけるよう、境内が空いている日にちとお時間を狙ってみてください。

 

今年は「ゆったり参拝」で神様にたくさんお祈りを!

 

 

 

 

これまでのお正月を思い出してみると、きっと多くの方が自分の「大切な人」と一緒に、初詣のため神社へ出かけたことがあるのではないでしょうか。
2021年は、家族や友人と初詣をする約束ができなかったという方も、たくさんいらっしゃるはず……。

でも、これはいつもと違った初詣を体験する、ひとつのチャンスでもあります。
あなたが決めたベストタイミングで、ひとり気ままにゆったりと境内を巡りながら、神様に新年のご挨拶と今年のお願いごとなどを伝えてみませんか?

 

 

 

 

いつもならお正月の初詣はどうしても、混雑のせいで「ゆっくりお詣りする」のが難しかったりもするものです。
なんとなく後ろの人を気にしながらだと、お祈りに集中しにくかったりもしますよね。おみくじや御守りなどの授与品も、落ち着いて選び、授かることだってできます。

どんな物事においても、「余裕を持って向き合える」というのは素敵なことです!
2021年のお正月は、「コロナ禍だから仕方なく、いつものように参拝できない……」と暗い気持ちになるのではなく、「コロナ禍だからこそ、いつもより濃密な初詣ができる!」と捉えてみてくださいね。

 

神様も、明るい心持ちで神社に足を運んでくださる皆様を見て、きっと喜び応援してくださることでしょう!

 

平日はフリーライター、休日に巫女としてご奉仕。
神社・神道・生き方・心理学・自己分析・心について記事を執筆。
すべての人が前向きに、自分らしく生きるために大切なことを伝えている。
巫女ライターとしては、「書くこと」を通じて神様へのご奉仕を形にすべく、神道・神社・神様の心の本質を伝えることを使命とする。

◇facebook  https://www.facebook.com/profile.php?id=100023060416102 
◇twitter  @konnoumi 

◇Instagram https://www.instagram.com/konno_umi/ 

あなたへのおすすめ