「お正月の初詣は、まず氏神神社に行きましょう」
「引っ越しをしたら、その土地の氏神様にご挨拶しましょう」
「産土神様にも、成長や節目のご奉告を忘れないようにしましょう」

……こんな話を耳にしたことがある方も、きっといらっしゃるかと思います。

そこで、あなたは自分の「氏神様(うじがみさま)」や「産土神様(うぶすながみさま)」がどなたか、また、その神様をお祀りしている神社がどこにあるかご存知でしょうか?
改めてよく考えてみると、「氏神様」「産土神様」について、その意味や違いを明確に説明することは難しいことかもしれません。

——神社を愛するあまり巫女になり、神道の魅力を皆様にもお伝えしている巫女ライターが、今回は誰もが大切にすべき「氏神様」「産土神様」について詳しく解説いたします。

 

目次

  • 氏神様・氏神神社とは?
  • 産土神様・産土神社とは?
  • 自分の氏神様・氏神神社を知ろう!
  • 自分の産土神様・産土神社へ再訪しよう!
  • 人生を神様とともに歩む

 

氏神様・氏神神社とは?

 

 

「氏神様」とは、それぞれの人が暮らしている地域の土地を、守ってくださっている神様のこと。その他にも、土地を鎮め守ってくださるという意味で、「鎮守さま」と呼ばれることもあります。

「氏神様」に対して、その神様が治める土地に住まわせていただいている人たちのことは、総称して「氏子(うじこ)」と言います。
つまり、その神様が鎮座されている神社があなたにとっての「氏神神社」になり、あなたとご家族もその神様のお膝元に住まう「氏子」のひとりだということになるわけです。

元々は、文字通り氏姓の同じ血縁の間でお祀りした、自らの祖神(おやがみ)や縁の深い神様のことを「氏神様」と言い、その血縁的集団を「氏子」と呼んでいました。
たとえば、源氏は八幡神社を氏神神社として大切にお祀りしていましたし、春日大社は藤原氏の氏神神社としても有名ですね。

でも、時代の流れとともに血縁よりも地縁の方が重視されるようになり、現在はそれぞれの土地を守ってくださる神様や神社という意味合いの方が強くなっています。

 

産土神様・産土神社とは?

 

 

「産土神様」とは、それぞれの人が産まれた地域の土地を、守ってくださっている神様のこと。その文字の通り、「産まれた土地の神様」という意味になります。

この神社や神様は、あなたの人生を生涯見守ってくださる存在なので、どこに引っ越しをしたとしても変わることのないご縁で結ばれていると言われています。
ですから、産まれた地域にずっと住み続けている人にとっては、「産土神様=氏神様」であり「産土神社=氏神神社」ということになりますね。

たとえば、あなたが「初宮詣(=産まれて初めての参拝)」をした神社はどちらでしょうか?
産土神様は幼い頃から自分を見守ってくださっていた神様だということを考えると、その存在のイメージとしては、それこそ「心のふるさと」であると言えるかもしれません。

 

自分の氏神様・氏神神社を知ろう!

 

 

私たち日本人は、今でこそ比較的自由に、思い思いの場所に家を建てたり借りたりして住んでいますが、そもそも土地というものは「その一帯を守り治めている神様のものである」という考えを大切にしてきました。

たとえば、新しく建物を建てる時には、必ず神社の神主さんをお呼びして「地鎮祭(じちんさい)」というものを行います。
それは、その土地を治める神様に対して「この場所をお借りし、建物を建てさせていただきます」という許可と、その工事の安全や家の繁栄を祈願する意味があります。

まずは、「この地域は○○神社が氏神様だから、私もその氏子ということになるんだな」と認識していただくことが、第一歩。
あなたの暮らす地域を見守ってくださり、日々暮らしを営む土地でお世話になっている神様に対して、感謝を忘れない心はとても大切なことです。

氏神神社には、ぜひ折に触れてお詣りをしていただき、さらにその御札を自宅にお祀りすることで、いつでもその神様との繋がりを感じることができるでしょう。

 

自分の産土神様・産土神社へ再訪しよう!

 

 

産土神様は、あなたがこの世に産まれたときから、心の奥深くでしっかりと繋がっている生まれ故郷の神縁です。

もし、今はその土地から遠く離れてしまっていたとしても、心の中でその神社を思い出したり、時には再びそちらを訪ねてお詣りしたりしてみてください。
神様からしてみれば、昔懐かしい人に思い出してもらえて、その顔を久々に見ることができたとしたら、心からお喜びになることでしょう。

お宮詣りや七五三詣など、幼い頃にご縁をいただいた神社は、大切な節目や人生に迷ったときにこそ、訪れていただきたい場所でもあります。
産土神社は、一生変わらずにあなたの心の拠り所として在り続ける、特別な場所になるはずです。自分の心のルーツを、改めて見直してみてはいかがでしょうか?

 

人生を神様とともに歩む

 

 

一生を生きていれば、誰でもさまざまな神社とその神様にご縁をいただくはずです。
その中でも、氏神様・産土神様は、あなたの人生をもっとも身近に支えてくださる特別な神様です。

これまでの人生をずっと見守り導いてくださっていることも、自分にとってご縁の深い神社に足を運べば、きっと実感できるでしょう。
日頃の感謝をお伝えし、困ったときや苦しいときには心の支えになっていただけるように……。あなたの中にある神様とのご縁を、ぜひ大切に育み、守り続けてください。

人生を、神様とともに歩む――。
そのために、氏神様と産土神様については、ぜひ知っておいていただけたらと思います。

 

平日はフリーライター、休日に巫女としてご奉仕。
神社・神道・生き方・心理学・自己分析・心について記事を執筆。
すべての人が前向きに、自分らしく生きるために大切なことを伝えている。
巫女ライターとしては、「書くこと」を通じて神様へのご奉仕を形にすべく、神道・神社・神様の心の本質を伝えることを使命とする。

◇facebook  https://www.facebook.com/profile.php?id=100023060416102 
◇twitter  @konnoumi 

◇Instagram https://www.instagram.com/konno_umi/ 

あなたへのおすすめ