今年も気がつけば「師走(しわす)」、一年というのも本当にあっという間ですよね。
「終わり良ければ総て良し」という言葉があるように、この一年を気持ちよく締めくくり、来年につながる良い架け橋を作りたいものです。

年始めには「初詣」で、神社に足を運ぶ方が多いとは思いますが、案外年末に神社へ出かけている方は少ないように思います。
そこで今回は、年末こそ大切にしたい神社にまつわる習わしや、お詣りをしていただきたい理由をについてお話していきましょう!

——神社を愛するあまり巫女になり、神道の魅力を皆様にもお伝えしている巫女ライターが、年越し前に行いたい準備や、神社への「年末詣」について、詳しく解説いたします。

【割引実施中】年末年始・寺社仏閣初詣ツアー
冬休み限定の中国・四国フリープラン

① 来年の年神様を迎える前に「正月事始め」

年神様とは「お正月の神様」であり、新年に家々で丁重にお迎えをして、その家を一年間守ってくださるとても大切な方。
地域によっては「歳神様」「正月様」「若年様」「歳徳神」「恵方神」など、さまざまな呼び方があります。

12月13日から、その大切な神様をお迎えするにあたって、家ごとにお正月に向けてさまざまな準備を始めてゆくのが、この「正月事始め(しょうがつことはじめ)」にあたるわけですね。

煤払い(すすはらい)で清めの準備

神道の世界では「清浄」が大切とされ、神様の宿る場所は、常に祓い清めておかなくてはならないとされています。
それにならい、自宅の神棚をきれいにお掃除することはもちろん、家の中や外に積もった埃や汚れをしっかりと祓い清めておくことが、「大掃除」という名目としても年末の恒例行事となって残っています。
そして神社や仏閣では、今でも「煤払い」という形で、清めの行事を行っているところがあります。

松迎えで年神様をお迎えの準備

年神様は、各家々の門にある門松や松飾りを目印に、おいでになると言われています。
そこで、かつてはそのために使う松を、男性たちが山へ伐りだしに行くことを指していました。今では、松飾りが売られるようになりましたから、その準備を始めるタイミングになっていますね。

お正月飾りは、厳密にいえば12月13日から大晦日までの間に飾るのが習わしです。
ただし、29日は「二重苦」もしくは「苦待つ(9松)」と呼ばれ、31日は「一夜飾り」として縁起が悪いと避けられていますから、それ以外の日にちに飾り始めるとよいでしょう。

お正月の準備に♪
「モダン門松 雅」寄せ植え イイハナ・ドットコム

② 天照大御神様の力が復活するおめでたい日「冬至」

冬至(とうじ)とは、一年の中でもっとも短い昼と、もっとも長い夜の一日。
日本の総氏神様は、「天照大御神(あまてらすおおみかみ)様」という太陽を象徴する女神様なのですが、この冬至を境にまた徐々に日が長くなっていくため、そのお力が復活してゆくおめでたい日としてお祝いされるのです。

冬至の別名として「一陽来復(いちようらいふく)」という言葉がありますが、これは悪いことが重なった後に物事が好転し、良い流れに向かうという意味です。
神社によっては、この「一陽来復」を願って、御守りなどを頒布しているところもあります。

カボチャと柚子湯で邪気祓い

冬至と言えば「カボチャを食べて、柚子湯に浸かる日!」と覚えている方も多いのではないでしょうか?
この二つはどちらも邪気を祓い、病気知らずの体になるように、という意味がある縁起を担いだ風習です。

しかし、柚子湯は冷え性に効きますし、カボチャも冬場に不足しがちな栄養素を見事に補ってくれる旬の食材。
どちらも驚くほど理にかなっていて、風邪をひきやすいこの季節に健康でいられるようにという、先人たちの知恵が垣間見れる文化だとしみじみ感心してしまいます。

③ いよいよ新年!心も体も清めて迎えるための「大晦日」

旧暦におけるひと月の末日は、「晦日(みそか)」と呼ばれていました。その中でも、一年の終わりとなる大きな節目が「大晦日」ということですね。

年越しの祓(はらえ)で心身を清める

さて、お家に神様をお迎えする準備が整ったら、最後は私たち自身が身も心もきれいにならなくてはいけません!
あなたの家の近くにある、もっともお世話になった氏神神社様へご挨拶に行き、その年の感謝をお伝えしつつ、また来年もご加護をいただけるようお願いしましょう!

「年越しの祓」は「師走大祓式(しわすおおはらえしき)」とも呼ばれますが、6月末日に行う「夏越の祓」からこの日まで、半年分の罪や穢れを、神社に行って祓い清めていただく神事になります。

神社では「人形(ひとがた)」や「形代(かたしろ)」と呼ばれる紙に、自分の名前などを書いて息を吹きかけ、自身の罪穢れを移してお焚き上げしてもらいます。
これを行うことで、身も心もスッキリと、新しい気持ちになって新年を迎えることができるわけですね。

年越し蕎麦で災いや悪縁を断つ

大晦日には年越し蕎麦を食べる風習がありますが、この理由も縁起担ぎが今日まで伝えられています。
切れやすい麺が特徴の蕎麦は、その年の悪縁や災厄が切れて断たれるようにという願いが込められているという説や、蕎麦に内臓の汚れを取り去ってくれる効果があるという説などがあるようです。

年越しそばで来年の健康と開運を祈願
「へぎそば 布乃利小嶋屋そば」

二年参りのススメ

年神様がやってくるのは日付の変わる瞬間ですから「夜」であり、かつてはそれをお迎えするのに、一晩中起きているのが当たり前だったようです。
大晦日の夜中から元旦にかけて、二年をまたいで神社に参拝することを「二年参り」と呼びますが、「年」の移り変わりを肌で感じながら、神様のお膝元でその瞬間を迎えるのはなんとも情緒的で心地よい瞬間です。

かく言う私も、近年は巫女として深夜から朝にかけて神社にいて、言うなれば「二年ご奉仕(?)」といった過ごし方をしているのですが……。その瞬間は、言葉にできない喜びがじんわりと胸に溢れます。
神社で厳かに年明けを迎えるのも、新しい年を清々しい気持ちでお祝いできる、ひとつの方法なのではないでしょうか。

年末詣で素敵な年越しを!


神社と言えば「初詣」はあまりにも有名ですが、身も心も清々しくお正月を迎えるのにあたって、やはり大切にしたいのは「締めくくり」の準備やご挨拶なのではないでしょうか。

年末にこそ、ぜひ神社へお運びください。
その年にたくさんお世話になった神社の神様へ会いに行き、感謝の気持ちをお伝えすることは大切な礼儀です。
そのうえで、来年にがんばりたいことを神様に宣言し、そのお力添えをお願いしてみてもよろしいかもしれません。

来年も素敵な一年になりますようにと、心を込めた願いは、きっと神様に届いているはずですよ!

 

【初詣特集】年末年始は九州で寺社巡り!
冬休み限定・九州周遊フリープラン

平日はフリーライター、休日に巫女としてご奉仕。
神社・神道・生き方・心理学・自己分析・心について記事を執筆。
すべての人が前向きに、自分らしく生きるために大切なことを伝えている。
巫女ライターとしては、「書くこと」を通じて神様へのご奉仕を形にすべく、神道・神社・神様の心の本質を伝えることを使命とする。

◇facebook  https://www.facebook.com/profile.php?id=100023060416102 
◇twitter  @konnoumi 

◇Instagram https://www.instagram.com/konno_umi/ 

あなたへのおすすめ