11月23日は、毎年「勤労感謝の日」として、国民の祝日に定められている日。
この日は、日本国民が互いの勤労と生産を祝い、感謝しあうための日としてそのような名前が付けられているのですが、本来はそれよりも以前から続く、大切なお祭りである「新嘗祭(にいなめさい)」が行われる日であることを知っていますか?

——神社を愛するあまり巫女になり、神道の魅力を皆様にもお伝えしている巫女ライターが、日本人にとって大切なお祭りである「新嘗祭」について、詳しくお話いたします。

日本人にとって大切な「お米」への感謝

「日本に生まれてよかったなぁ……」
そう思う瞬間は多々ありますが、私の場合、美味しいお米を食べたときにはことさら、それを実感するような気がします。

日本人の主食であるお米は、この国の農作物の代表格と言っても過言ではありません。なぜなら、元々お米の稲穂は、『日本書紀』や『古事記』という古くから伝わる神話の中で、神様が私たちに授けてくださった御神恩のひとつだと伝えられているからです。

稲作は太陽の女神「天照大御神様」からの贈り物

それでは、「新嘗祭」の起源となる、大切な神話のお話をしましょう。

神様の国で暮らしていた日本の総氏神である「天照大御神(あまてらすおおみかみ)様」は、地上の日本国を治めることを、孫にあたる「邇邇芸命(ににぎのみこと)様」に任せることにします。
天照大御神様はこの時に、皇位継承の証として今も皇室に受け継がれている三種の神器とともに、地上で稲作ができるようにと、邇邇芸命様に稲種を持たせたとされています。
歴代天皇の祖先である邇邇芸命様は、地上の統治者となり、日本に稲作を広げてこの国を繁栄させました。

これが「天孫降臨(てんそんこうりん)」という神話です。

天皇陛下が自ら行う五穀豊穣のご奉告

神話から紐解くことができるように、歴代天皇のご先祖様である天照大御神様をはじめとする神様方からの豊かな恵みに感謝をして、宮中では天皇陛下が御自ら御神前に新穀をお供えし、五穀豊穣をご奉告されます。

この国で、今も豊かな穀物が実ることは、太陽や雨の恵みなど自然の恩恵が欠かせません。年に一度、その恵み感謝をする最も大切な収穫祭となるのが、宮中で行われている「新嘗祭(にいなめさい)」なのです。
そして全国各地の神社でも、それに倣って「新嘗祭」が執り行われ、私たち日本人にとって大切な神恩感謝の日となっているのです。

天皇即位後初めての新嘗祭は「大嘗祭」に!

令和元年を迎えた今年は御代替わりとなり、新しい天皇陛下のご即位がありました。
「新嘗祭」も、天皇陛下ご即位後初めての年は「大嘗祭(だいじょうさい)」と呼ばれる、特に重要な一世一代の祭祀になります。

令和時代の「大嘗祭」は、2019年11月14日の夕方から執り行われました。すべてが終わるまでに、およそ9時間もの時間を要する、厳粛な神事です。

新穀を神様方へお供えした後は、天皇陛下ご自身もそれを食されます。新しい穀類を、神様とともに「食する」ことを「嘗める(なめる)」と言うため、「新嘗祭」また「大嘗祭」という名前がついているのですね。
新天皇ご即位からこれまでの間に多くの宮中行事が続いてきましたが、この「大嘗祭」をもって、名実ともに天皇となられたという証にもなるようです。

忘れてはならない「食」への感謝

今でこそ、食べたいものが国境を越え行き来して、季節すら問わず自由に手に入る食材が増えた、豊かな時代になったわけです。しかし、それを「当たり前」のことだと思ってしまえば、私たちはとたんに感謝の気持ちを失ってしまうことでしょう。

近年は、台風などの自然災害が多く、日本における農業にも各地で甚大な被害がありました。そのようなことが起きるたびに、今目の前に食べるものがあること、好きなものをお腹いっぱい口にできること……。そのことに対するありがたみに、ハッとさせられる気がします。

でも、本来は何気ない日々の中で、もっと食に対する感謝を胸に抱いて、生きていかなくてはならないものだと思います。
かつては日本も、多くの人が農業に携わり、この国で作られた食べ物たちで人々が生かされていた時代があったわけです。その頃はきっと今以上に、私たちの中でも、この「新嘗祭」が大きな意味を持っていたのではないでしょうか。

どれほど便利で不自由のない世の中になったとしても、毎年この日がやってくるたびに、「食」へのありがたさを実感できる心が私たちの中に育ちますよう、願わずにはいられません。
今日も明日も明後日も、心から手を合わせて「いただきます」が言える、そんな人が増えてゆきますように……。
「新嘗祭」や「大嘗祭」のことを、ぜひ心に留めておいてくださいね。

【関連記事】

平日はフリーライター、休日に巫女としてご奉仕。
神社・神道・生き方・心理学・自己分析・心について記事を執筆。
すべての人が前向きに、自分らしく生きるために大切なことを伝えている。
巫女ライターとしては、「書くこと」を通じて神様へのご奉仕を形にすべく、神道・神社・神様の心の本質を伝えることを使命とする。

◇facebook  https://www.facebook.com/profile.php?id=100023060416102 
◇twitter  @konnoumi 

◇Instagram https://www.instagram.com/konno_umi/ 

あなたへのおすすめ