初秋の頃から、神社では次第に晴れ着に身を包んだ、可愛らしいお子様連れのご家族を見かけることが増えてまいります。

そう、秋と言えば「七五三」の季節ですね。
多くの方が、子どもの頃にはどちらかの神社様で、神様にご挨拶をされたことがあるのではないでしょうか。
しかし、大人になった今思い返してみると、その「七五三」のお詣りには具体的にどのような意味や由来があるのか、深く知らずにいたという方もいらっしゃるはず。
ぜひ、この機会にその正しい意味について、学んでおきませんか?

——神社を愛するあまり巫女になり、神道の魅力を皆様にもお伝えしている巫女ライターが、大切な人生儀礼のひとつである「七五三」についてお話いたします。

七五三とは、どのようなお詣りなの?

はじめに、「七五三」を行う意味について知っておきましょう。

3歳・5歳・7歳の節目で晴れ着を着て参拝をするのは、子どもが元気に成長した姿を神様にもお見せして、その御加護に対して感謝の気持ちをお伝えするため。
生まれてから無事に大きくなれることは、決して「当たり前」のことではないのですから、それを神様と一緒にお祝いするための行事なのです。

子どもは7歳まで「神様の子ども」

日本には、子どもは「七つまでは神のうち」という言葉があります。
これは、この世に生まれて間もない子どもの頃は、魂や命がまだこの世に定着していないものと考えられていたからです。
医療の発達した現代では実感が薄い方も多いでしょうが、かつては子どもが幼いうちに命を落としてしまうことが少なくありませんでした。

そこで、無事に成長するたびにその折々に、神様へ「ここまで大きく育つことができまして、ありがとうございます」という感謝と、「これからも、元気で健やかに成長してゆきますように」という願いを込めたお詣りを、家族みんなでするようになっていきました。この習慣が「七五三詣」となり、今なお大切な「人生儀礼」のひとつとして受け継がれています。

七・五・三の歳に行う由来と理由

この習わしの起源は、元をたどれば平安時代から公家の間で行われていた祝いの儀式だったと言われています。しかし、それが庶民にまで広まったきっかけは、江戸時代に将軍・徳川綱吉が息子の成長を旧暦の11月15日に祈願したこと。
それに倣って、日本中に子どもの成長を感謝し、祝う「七五三詣」という習慣が定着したのだそうです。

七五三詣が3歳・5歳・7歳の節目である理由には、それぞれの年齢にきちんと意味となる「儀式」があります。

3歳/髪置(かみおき)の儀式
髪の毛を伸ばし始めるお祝いのこと。
昔は、髪の毛から悪いものが入ってくると信じられていたことから、この歳までは髪の毛を短くして子どもが病にならないようにとされていました。

5歳/袴着(はかまぎ)の儀式
袴を着け始めるお祝いのこと。
男の子は5歳を迎えると、袴を着け始める儀式を行っていたことから。

7歳/帯解き(おびとき)の儀式
帯を結び始めるお祝いのこと。
女の子は7歳を迎えると、大人と同じように腰紐を巻いて、着物に帯を結び始める儀式を行っていたことから。

数え年と満年齢とがありますが、本来は「数え年」で年齢を考えて祈願します。ただし、満年齢で考えてご参拝いただくのも問題はございません。

具体的に、神社でどのようなことをするの?

神社に足を運ぶ目的は、子どもの成長を神様の前でお祝いし、感謝をお伝えするためだと申し上げました。それでは、七五三詣では具体的に、神社でどのようなことを行うのでしょうか?

七五三の際には、ただ神社に訪れて自分たちだけでお詣りをするだけでなく、神職の方に「御祈祷」を行っていただくことがほとんどです。
これは、御本殿の中にいらっしゃる神様のお近くへ行き、神職の方から「祝詞(のりと)」という神様に正式にお伝えする際の言葉で、私たちの感謝やお願いごとを奏上していただくものです。

普通にお詣りをするよりもさらに丁寧で正式な形の参拝になりますから、大切な節目では、ぜひ神社で「御祈祷」をお願いするとよろしいと思います。
祝詞は難しい言葉で奏上されますが、その言葉とともに皆様のお気持ちは神様に届きます。心を込めて手を合わせ、ご家族で神様に感謝をお伝えしてくださいね!

正式なお詣りの時期と時間はいつ?

かつては旧暦の11月15日に行われていた七五三ですが、新暦になってからは新暦の11月15日に行われるようになりました。
正式なのはこの日とされていましたが、現在はその一日に限らず、秋頃にお天気やご都合に合わせ、分散して自由にお詣りいただくようになっています。

時間についても、明確な決まりはございません。ただし、神社の参拝は基本的に境内の氣がより整っている午前中のうちに行うのがよい、とされています。
とはいえ、土日などは混雑も予想できますので、ご都合に応じて心地よくお詣りができる頃合いを見計らい、時間とお心にゆとりを持ってお運びいただければと思います。

予約の要不要は神社によって異なるため、神社のWebサイトを確認したり、問い合わせなどを行ったりしておくとよいでしょう。
神社によっては、神前式を行うこともあります。多くの場合、その間の時間は御祈祷が受けられないようになるため、希望する日時に御祈祷をしていただくことが可能かどうか、あらかじめ確認をしておくのが望ましいですね。

どちらの神社にお詣りするといいの?

これも、明確な決まりはございませんが、目安となるひとつの考え方をお伝えしておきます。

氏神様の神社
まず、私たちが日頃から感謝し、大切にお祀りするべき「氏神様(うじがみさま)」の神社です。
「氏神様」とは、私たちの日々の暮らしを見守ってくださる、その土地の神様のこと。7歳を迎えると、子どもは神様の子から正式に「氏子(うじこ)」になるとされています。その意味でも、氏神神社へは七五三詣に限らず、ご家族皆様で折に触れてお詣りいただければと思います。

安産祈願や初宮詣(お宮参り)を行った神社
その子が生まれるにあたって、見守っていただいた神様と神社がある場合は、そちらにご報告をしにゆくのも大切です。大きくなるまで、大事に見守ってくださった神様ですから、ぜひ感謝をお伝えしていただければと思います。

有名な神社・お好きな神社・ゆかりのある神社
七五三の御祈願で有名な神社や、あなたのお好きな神社、昔からなにかとご縁をいただく神社など、その他にもさまざまな場所があるかもしれません。
そのような場所へお出かけいただくのも、その神社の神様が大変お喜びになるはずですよ。

御初穂料については?

「御祈祷」をお願いする場合には、お賽銭ではなく、その御祈願のための「初穂料」が必要になります。これらは「玉串料」「祈祷料」などと呼ばれることもあり、神社によって御奉納の金額の基準が設けられていることが多いです。
金額を明確に定めず、「お気持ちで」とおっしゃる神社様もありますが、おおよそ5千円から1万円くらいが相場です。

また、御初穂料は神様への御奉納ですので、原則としてお金はのし袋にお包みしていただくのが丁寧です。お釣りのないように、包まれることをおすすめいたします。
のし袋の下部分については、祈願するお子さまの名前をフルネームでお書きください。こちらは、「御祈祷」の受付時にお渡しいただくようになります。

お詣りの服装はどうすればいいの?

七五三詣に限ったことではないですが、御祈祷はより神様のおそばへ出てきちんとご挨拶をするとき。
子どもは晴れ着をまとうことが多いですが、ご家族の皆様も、ある程度よそ行きの整った格好でお出かけください。著しく肌を露出している服装や、ラフすぎる格好は、神様の前で失礼になってしまう場合があります。

和装でなくてももちろん構いませんが、スーツやジャケット、ワンピースなど、普段よりも整った姿でお詣りをすると、身も心も正されて神様の前で恥ずかしくない姿でいられます。

神社によっては、お子様の晴れ着も衣装・着付け・撮影などがセットになった、七五三のプランを用意していることがあります。そちらを利用するのも、よろしいのではないでしょうか。

なぜ千歳飴を食べるの?

ちなみに、七五三と言えば「千歳飴(ちとせあめ)」を思い浮かべる方が多いでしょう。この食べ物は、子どもの健やかな成長と長寿を願う縁起ものです。
「千歳」という文字通り、子どもが1,000歳(くらいの気持ち)まで長生きしてほしい、という想いが込められているわけですね。

千歳飴は大抵飴玉ではなく、長い棒状のものですが、これも長寿を願ってこのような形をしています。おめでたい紅白で、一対になっているものがほとんどです。
あらためてその理由を知ると、食べ物ひとつでもさまざまな想いや願いが込められているのが分かりますよね。

お詣りの心や作法を伝える素敵な機会

七五三の折に、ご家族で一緒にお詣りをしていただくことは、神様へ感謝をお伝えすることはもちろん、その他にもとても大切な意味があるものだと私は考えております。
それは神様を大切にし、日頃から感謝の心を忘れずに過ごすことや、お詣りの作法や意味について、お子様に伝えていただくかけがえのない機会になるからです。

古くから日本人が大切にしてきた文化や心について、学校でも教わらないことを受け継いでいけるかどうかは、多くの場合ご家族の存在が鍵となっています。
あまりにも身近な文化として根付いている「神道」だからこそ、日本ではこれが「宗教」である以前に、心の在り方や生き方を教えてくれる大切な道標になっています。

これからの世の中も、お子様の人生儀礼も一つのきっかけとして、ご家族がお子様と一緒に神社へ足を運び、神様に感謝しながら日々を過ごしてゆく心を育んでいただけたらと願っています。

 


編集部おすすめの一冊
『御朱印でめぐる 全国の神社』

【関連記事】

平日はフリーライター、休日に巫女としてご奉仕。
神社・神道・生き方・心理学・自己分析・心について記事を執筆。
すべての人が前向きに、自分らしく生きるために大切なことを伝えている。
巫女ライターとしては、「書くこと」を通じて神様へのご奉仕を形にすべく、神道・神社・神様の心の本質を伝えることを使命とする。

◇facebook  https://www.facebook.com/profile.php?id=100023060416102 
◇twitter  @konnoumi 

◇Instagram https://www.instagram.com/konno_umi/ 

あなたへのおすすめ