浅草の浅草寺で、毎年7月9日・10日に開催されている「四万六千日のほおずき市」

この四万六千日というのはとっても特別な功徳日(くどくにち)なんです!

でも、そもそも功徳日とはどういう日なのかご存知でしょうか?今回はそんな浅草寺に伝わる「四万六千日」と「ほおずき市」の関係とその歴史についてご紹介いたします!

≫浅草寺に関する記事はこちら!≪
都内最古のご利益パワースポット『浅草寺』

 

功徳日って何の日?

平安時代頃は毎月18日が観世音様の縁日とされていましたが、室町時代末期頃から、功徳日といわれる縁日が設けられるようになりました。功徳日というのは、その日に参拝すると、普通の日に参詣する以上の大きな功徳が得られるとされる日のことを指します。

功徳とは、仏教用語で簡単に説明すると「神仏からご利益を与えられるような善い行い」という意味です。つまり、功徳日はその日に参拝することによって、神仏から100日分、1000日分の参拝に相当するご利益が得られる特別な日なのです。

功徳日は寺社によって異なりますが、浅草寺では月に一度(年12回)の功徳日が設けられています。

最大の功徳日は7月10日!

12回ある功徳日のうち、最大功徳日は7月10日で、なんと46000日分の功徳があると言われているんです!

46000日を年単位に直すとおよそ126年。大体人間の寿命の限界であるため「一生分の功徳が得られる縁日」ということになりますね。

この「四万六千日」と呼ばれる縁日は江戸時代からあったといわれていて、「誰よりも早く参拝したい!」という人々が前日の9日から集まりだし、参拝者が多く訪れるようになった結果、9日と10日の両日が縁日とされるようになりました。

やがて四万六千日の縁日は日本各地に広まり、他の寺社でも行われるようになったのだそうです。

 

また、ほおずき市の期間中には、四万六千日・ほおずき市仕様の御朱印を授与していただくことができますよ。通常の御朱印と違って「四万六千日」と言う印が押印されています。

引用/和さんのTwitter

 

2019年のほおずき市は火曜日と水曜日という平日の真ん中での開催ですが、浅草寺は観光客にも大人気のスポットですので、今年も混雑が予想されます。

特に御朱印をいただきたい方は、時間に余裕をもって参拝した方が良いでしょう。

 

ほおずき市の由来

ほおずき市発祥の地は、芝の愛宕神社と言われています。

ほおずきの実は昔、薬草として使われていた為「ほおずきの実を水で丸飲みすれば、大人は癪(なかなか治らない持病のこと)を切り、子供は虫気(腹の中にいると考えられた虫による腹痛など)を去る」という民間信仰がありました。その為、お参りの際のお土産として人気が高かったのだそうです。

その愛宕神社のほおずき市の影響を受けて、浅草寺でもほおずき市が行われるようになったことが始まりです。

 

浅草寺のほおずき市では、約120店のほおずき屋とその他100店の売店が境内に並びます。

一口にほおずきといってもその種類は様々で、鉢植えのほおずきだけでなく枝に身が並んでなっている枝ほおずきや、ほおずきの実を袋詰めにしたものなどがあります。中でも風鈴が付いたほおずきは特に人気が高いそうですよ。鉢植えのものは大体一株2500円ほどです。

 

意外と知らない?!ほおずきマメ知識

お盆には、キュウリやナスで作った精霊馬の他に、ほおずきを飾る風習もありますよね。

ほおずきはその形が提灯似ていることと、「鬼灯(ほおずき)」という名前が示す通り、ご先祖様や故人があの世から帰ってくる際の道しるべになると言い伝えられています。また、肉体のない故人の魂が宿る場所という役目もあるそうですよ。

 

また、ほおずきには食用と観賞用があり、観賞用ほおずきは子宮の緊縮作用があるヒストニンという成分が含まれています。そのため妊娠中の女性が食べてしまうと、流産してしまう危険があるので注意しましょう!

 

四万六千日限定の雷除札のお守り

竹串に挟んだ三角形の守護札。これは雷除札といって、ほおずき市が開催されている期間のみ置かれている落雷除けのお守りです。

引用/浅草なび公式Twitter

 

もともとは、守護札ではなく赤とうもろこしを落雷除けのお守りとして屋台で販売していたそうなのですが、明治初年(1868)、赤とうもろこしが不作で手に入りにくくなってしまった為、代わりに作ったものが、今の守護札の原型なのだそうです。

 

ほおずき市の日程

7/9(火)、7/10日(水)
開催時間:9:00~21:00
(浅草観光連盟公式サイトより)

開催場所:浅草寺境内
※雨天決行、荒天時は中止

詳しくは浅草寺公式サイトの「今月のお知らせ」 をご確認ください。

◆浅草寺へのアクセス

〒111-0032
東京都台東区浅草2丁目3-1

◆電話番号
TEL 03-3842-0181
(受付時間 日曜祝日を除く9:30~16:00)

浅草駅より徒歩5分

 

◆参拝時間
本堂の外、雷門、仲見世や境内は24時間拝観自由
諸堂の開堂は6:00~17:00
(10月~3月の開堂時間は18:30)

◆浅草観光情報サイト

浅草の観光・イベント情報はこちらをチェック!↑

 

全国の神社・お寺のご利益、効能、おすすめ情報などを見つけてお届けします!

あなたへのおすすめ