何かと不安の多い日々が続く昨今。人の力だけでは、回避することが難しかったり、どうすることもできないような災厄は、とても恐ろしいと感じてしまいますよね。しかし、ずっと不安な気持ちを抱えている状態では、心身ともに疲れ切ってしまうでしょう。

そんな不安な日々の中で、少しでも穏やかな心でいるために…今回は、都内の厄除にご利益がある神社・お寺についてご紹介いたします!

目次

  • 強運厄除の神様 小網神社
  • 魔除けのご利益 日枝神社
  • 災難を乗り越える 波除神社
  • 除災招福の神様 大國魂神社
  • 学問の神様と厄除祈願 亀戸天神社
  • 関東の高野山 西新井大師
  • 除厄けのおそっさま 堀之内妙法寺
  • 厄除・厄祓いしに参拝するなら…

小網神社(こあみじんじゃ)

 

芸能人でもお参りに訪れる人が多いと言われるほど、人気の高いパワースポットです。
文正元年(1466)、周辺地域で流行した疫病が鎮める為の祈願所として創建されたと言い伝えられています。また、他にも「第二次世界大戦の際に、小網神社の御守をうけた兵士達が全員生還した」「東京大空襲の時、奇跡的に戦災を免れた」などの逸話も残されており、「強運厄除の神様」として厚く信仰されてきました。

厄除だけでなく、金運・財運向上のご利益もあります。

◆小網神社の所在地
〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町16-23

◆電話番号 03-3668-1080
公式サイト:https://www.koamijinja.or.jp/

日枝神社(ひえじんじゃ)

 


恋愛成就・仕事運・出世運アップなどのパワースポットで知られ・東京十社の一つに数えられる日枝神社。

日枝神社には狛犬の代わりに神猿(まさる)像が置かれていて、「さる」という音から、勝る(まさる)・魔が去る(まがさる)=勝運・魔除けのご利益があります。また、猿は「えん」とも読めるので、恋愛・商売の良縁を結ぶ縁結びの神様ともされています。

神猿像にはオスとメスの2種類あって、子猿を抱いたメスの猿の像には、安産祈願と家内安全。もう一方のオスの猿の像には、商売繁盛・社運隆昌のご利益があると言われています。

◆日枝神社の所在地
〒100-0014東京都千代田区永田町2-10-5

◆電話番号 03-3581-2471
公式サイト:https://www.hiejinja.net/

波除稲荷神社(なみよけいなりじんじゃ)

 


築地市場の近くにある波除稲荷神社は、地元住民や築地関係者から厚く信仰を集めているパワースポットです。

今から350年程前、現在の築地がある一帯は海だったため、その海の埋立工事が行われていました。しかし激しい波風のせいで工事は難航してしまいます。そんな中、海上で稲荷大神の御神体を見つけた人々は社殿を建てて御神体をお祀りしたところ、波風がピタリと収まり無事に工事が完了したのだそうです。このことから「波除」稲荷神社と呼ばれるようになりました。
それ以来「災難を除け、波を乗り切る力を授ける神社」として、災難除・厄除・商売繁盛・工事安全のご利益を授けてくださると言い伝えられてきました。

境内には、玉子塚や海老塚・活魚塚など、一風変わった塚や石碑が並んでいます。

◆波除稲荷神社の所在地
〒104-0045 東京都中央区築地6丁目20-37

◆電話番号
公式サイト:http://www.namiyoke.or.jp/

大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)

 

東京五社の一社で、関東三大酉の市でも有名な大國魂神社。厄除・開運・縁結びのご利益があると言われています。
創建されたのは約1900年前だと言われ、古来より武蔵国の守り神として信仰されてきた歴史ある神社です。武蔵国の一之宮から六之宮の神様が合祀されていることから「六所明神」「六所宮」とも呼ばれています。

特に、拝殿に向かって右側にある住吉神社・大鷲(おおとり)神社には、除災招福のご利益が宿っているとされています。住吉神社のご祭神は海上守護の神様・除災招福の神様である、住吉三神。住吉三神は、表筒男命(うわつつのおのみこと)・中筒男命(なかつつのおのみこと)・底筒男命(そこつつのおのみこと)の3柱の海神のことです。大鷲神社のご祭神は、武運を守護する神である大鷲大神で、開運・商売繁盛の神様とも言われています。
災厄を除き、開運を招くご利益があるパワースポットなので、参拝に訪れた際には、こちらにお参りするのを忘れずに!

◆大國魂神社の所在地

〒183-0023 東京都府中市宮町3-1

◆電話番号 042-362-0092
公式サイト:https://www.ookunitamajinja.or.jp/

亀戸天神社(かめどてんじんしゃ)

 

菅原道真をお祀りする、学問の神様こと亀戸天神社。日枝神社・赤坂氷川神社と並ぶ東京十社の一つにも数えられ、受験シーズンには多くの受験生が合格祈願のお参りに訪れます。東京一の藤の花の名所としても有名ですね。

学問の神様なだけあって、学業成就・合格祈願のご利益のイメージが強いのですが厄除のご利益もあると言われています。また、4月下旬から5月にかけて、境内にある100株以上ある藤の花が見頃を迎えるので、厄払い祈願とともに、美しい藤の花を眺めて癒されるのもいいですね。

 


◆亀戸天神社の所在地
〒136-0071
東京都江東区亀戸3丁目6-1

◆電話番号 03-3681-0010
公式サイト:http://kameidotenjin.or.jp/

西新井大師(にしあらいだいし)

 


「関東の高野山」とも呼ばれる西新井大師は、古来より厄除のご利益で有名なお寺です。正式名称は五智山遍照院總持寺(ごちさん へんじょういん そうじじ)といい、天長3年(826)に空海によって開創されました。

当時、流行り病から村人を救うためにと空海が21日間に及ぶ護摩祈願を行ったところ、枯れ井戸から清らかな水が湧き、病が平癒したという言い伝えがあり、そのことから厄災消除と病気平癒のご利益もあると言われています。ちなみにこの時の井戸が、お堂の西側にあったため「西新井」という地名ができたのだそう。

また、境内にある露店で購入できる『幸せの指輪』も注目ポイントのひとつです。口コミで有名になったこの指輪には、恋愛成就のご利益があると言われています。
しかし、この指輪は、西新井大師とは直接関係のないものなのだとか。でも、指輪のおかげで結婚できた!という人も多くいるそうなので、もしかすると西新井大師に訪れた人々の「幸せになりたい」という願いや気が集まってが、良縁を運んでいるのかもしれませんね。

◆西新井大師の所在地
〒123-0841 東京都足立区西新井1丁目15-1

◆電話番号 03-3890-2345
公式サイト:https://www.nishiaraidaishi.or.jp/

堀之内妙法寺(ほりのうち みょうほうじ)

 


江戸時代から「堀之内のおそっさま」と、人々に親しまれてきた妙法寺は、除厄け(やくよけ)寺として全国的にも有名なお寺です。
元は真言宗の尼寺でしたが、日蓮宗に改宗した後、目黒碑文谷の法華寺の末寺となり、元禄12年(1699)に身延山久遠寺の末寺となりました。この際に、法華寺から除厄け日蓮大聖人の霊像を迎えて以来、「除厄け祖師」として信仰を集めるようになりました。
日蓮大聖人の霊像「除厄け日蓮大菩薩」は妙法寺の中心である祖師堂に奉安されており、その強力なご神徳から「厄を除きたい人は、妙法寺の境内に入るだけで除厄けになる」とも言われています。

この祖師堂で願い事をすると成就すると言われています。また、たとえ災いがあったとしても「大きい難は小さい難に、小さい難は無難になる」ご利益もあるのだそうです。

◆妙法寺の所在地
〒166-0013 東京都杉並区堀之内3-48-8

◆電話番号 03-3313-6241

公式サイト:http://www.yakuyoke.or.jp/

厄除・厄祓いしに参拝するなら…

 

いかがでしたでしょうか?

全国にはまだまだ、たくさん厄除神社・厄除寺があります。最近なんだかツイてない、心配事や不安から気持ちが沈んでしまう…そう感じるなら、心を清めるためにも、ぜひ厄祓いしにお参りしてみてはいかがでしょうか。

参拝する際は、ウイルス・風邪予防は万全に。帰ったら、うがいと手洗いを忘れずに気をつけてくださいね!

全国の神社・お寺のご利益、効能、おすすめ情報などを見つけてお届けします!

あなたへのおすすめ